これであなたもAppleマスター!?「iOS機器の見分け方」第1回-iPad編-

2015/09/28
iOS機器の見分け方

情シス部門の皆様こんにちは!

今回から「iOS機器の見分け方」をジョーシス編集部がお伝えしてまいります。第一回目は「iPadの見分け方」をお送りします。

見た目がほとんど同じに見えてしまうiPadシリーズ、皆さん管理にはお困りではないでしょうか。ご自身でご購入されたiPadがどれにあたるかは、皆さんご存知かもしれません。しかし、お勤めの会社で所有、管理しているiPadの全てのシリーズの商品名をパッと言い当てることはなかなか難しいところです。ただでさえWindowsマシンとは勝手が違うApple製品の世界。少しでも簡単に見分けられるようになれたら良いですよね。

そのiPadを見た目で区別できるよう、注目すべき箇所などを解説いたします。

 

コレクション化していく初代

まずはiPad 1st(初代iPad)2010127に発表、同3月に米国で発売開始、同5月に日本を始め数カ国で発売開始された、iPadの元祖的存在。記念すべきモデルではありますが、今となっては、分厚く重く、カメラ非搭載、iOSの対応も5まで、対応するAppも減りつつあります。なかなか使い道に困り、コレクションアイテム的存在となっています。

見分け方ポイント:とにかく他のiPadと比べて、厚く、重い。

根強く続いたスタンダードモデル

続く、iPad 220113月米国で発売、日本では東日本大震災の影響を受けて当初325日発売予定が、428日に延期されました。初代と比べ一気に薄型、軽量化を果たし、4thまで続くシリーズの基本形として定着。iOSの対応も継続しており、入手しやすいiOS入門機になっています。しかしながら、OSの進化に伴って非力な処理能力が露見しています。使用感は快適とは言えない状況です。

見分け方ポイント:初代〜4thの中で、最も薄く軽い。バックカメラ・フロントカメラを備える。

Retinaの登場は超短命

Retinaディスプレイが採用されたiPad 3rdは、その代償として薄さ軽さを犠牲に。2ndより重く厚くなってしまっています。セルラーモデルは日本においてLTEが使えず、半年後にはiPad 4thが発表されたため、短命となった機種です。

20123月発表、発売。

見分け方ポイント:Retinaディスプレイ、iPad 2より厚く重い。※Retinaディスプレイの見分け方は下図をご参照ください。

 

初のLTEは端子で見分ける

iPad 4th201210月発表11月発売。3rdとほぼ変わらない外観。日本でもLTE回線が使えるモデルになりました。

見分け方ポイント:厚さは3rdと同じで、少し重くなった。最大の違いはDock端子からLightning端子への変更。

そしてAirの時代に

続いて、液晶外縁部が細くなり形状も一新した、iPad Airシリーズ。

iPad Air20131022日発表、同111日発売。iPhone5iPad miniのデザインを踏襲した、液晶外縁部を細くし、エッジのダイアモンドカットが煌めくデザインになっています。

続くiPad Air2 は、20141016日発表、同22(Wi-Fiモデル)24日(セルラーモデル)発売。Airをさらに薄く軽く、そしてTouch ID(指紋認証センサー)をはじめて搭載したiPadです。また色もゴールドが増えています。

 

OSとの関係も忘れずに

最後に、OS対応表を掲示いたします。ほぼ一年でメジャーアップデイトされるiOSですが、意外と切り捨てられずに、各iPadに対応しています。ですが、使用感を考えると、そろそろiPad 2nd4thあたりまでは厳しいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。要点を見つければ以外と簡単に見分けがついてしまいますよ。

 

次回はiPad miniの見分け方を予定しております。お楽しみに!

 

注)

iOS機器の見分け方” “iPadの見分け方”は、独立した資料でありApple Inc.が認定、後援、その他承認したものではありません。
iPad , iPad Pro , iPad Air , iPad mini , iPhone , Lightning , Retina , Touch ID は米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

林檎すった―
編集部でもトップクラスのデジタル通。特にApple製品に関しては神の領域とも噂される。
全国の情シスの方々に役立つ情報を、かなりマニアック?! な視点で福岡方面よりお届けします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#03:優先順位がキモ、ゼロトラストセキュリティ構築手順

  2. 知っ得スキル!もらってうれしいRFP ~最終章~提案受領へ

  3. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#13:情シスは果たしてIT介護者なのか

  4. 続2020年問題:もう目前!Microsoft製品の更なるサポート終了

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#12:ウィズ コロナ時代に『どう働くべき』を考える

  6. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#02:ゼロトラストモデルが求める7つの要件とは

  7. 怪しい添付ファイルやURLリンクを開いてしまったときの対処法【2020年】-is702

  8. 中小企業向けテレワーク(在宅勤務)ツール14選~コラボ業務編~

  9. 情報セキュリティ関連文書(NIST)を翻訳&公開-IPA

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#11:複雑な関数やVBAをやめたら属人化Excelは無くなるのか?

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
ページ上部へ戻る