これであなたもAppleマスター!?「iOS機器の見分け方」第3回ー番外編・SIMカードのセキュリティー基礎知識ー

2016/04/07

人は、一生において、何度SIMカードの抜き差しをするのだろうか?

iPhoneとSIM

情シス部門の皆様こんにちは!

第3回は予定を変更して、SIMカードにまつわるお話です。

パシフィックネットでは、年間数万台のモバイル製品を取り扱っております。セキュリティ的な観点からさまざまな記憶媒体の取扱い、もちろんSIMカードの取扱いには細心の注意を払っておりますが、そのSIMカードがどのような構造になっているかご存知ですか?

実は、使用者や法人の情報、個人情報の塊である、電話帳などを保存することができるのです。

SIMカードに保存できる情報について、ウィキペディアを見ると、

「記憶容量は64kバイト程度。実用化されている最大容量は2005年(平成17年)時点で128Mバイトである。2008年(平成20年)までに1Gバイトへと大容量化する方針のメーカーもある。小容量のカードでは契約者の個人情報や電話帳を50件ほど保存できるのみだが、大容量のカードではコンテンツ情報などを保存することもできる。」とあります。

おそらくNAND型フラッシュメモリの大容量化、低価格化に伴って、SIMカード自体の大容量化は進んでいないと考えられます。

それでも、64KBというと、日本語で3万2000文字程度となり、かなりの個人情報を詰め込むことが可能です。

ちなみにiPhoneでは、SIMカードの一部の情報の読み込み(連絡先-電話帳)に対応しており、電話帳の書き込み機能は、サポートされていないようです。ただ、例外としてプリペイドSIMへの自局番号書き込みが可能です。おそらくセキュリティの観点から制限されていると思われます。

代わりに「iCloud」を使ったバックアップやデバイス間でコンテンツ転送の「AirDrop」、「iTunes」を使う方法などといった本体の記憶媒体への転送機能が用意されています。

ただし、iPhoneで使われているSIMカードも以前は、ほかの携帯端末で使われていた可能性があるので注意が必要です。

アップルのサポートページでは「iPhoneはSIMカードに連絡先を保存しません。」とあります。

一方、Android端末にはSIMカードの情報を読み書きするアプリが多数あります。

アンドロイドのSIMアプリ一覧

さらに、SIMカードリーダー/ライター、ソフトウェアを使うことで、Windows上などで、さまざまな情報の読み書きができてしまいます。

現在はnano-SIMが主流で、例えば、Apple SIMのように1枚で複数の国内外の通信事業者を選べるSIMカードも開発されています。

また発売されたばかりの9.7インチiPad ProにはSIMスロットは残されているものの、Apple SIMが内蔵されデュアルSIM構造となっています。

SIMカードを挿入していない状態でも、モバイルデータ通信の契約をすることができます。

ipad Pro

一般的には、今後は更に小型化、デバイスに内蔵され、書き換え可能な組み込みSIM「Embedded-SIM(eSIM)」やソフトウェア化された「Virtual SIM」に移行するようです。

SIMスロットが廃止されることでメーカー側はコストダウンを図れますし、ユーザーとしてはSIMカードを入れ替える手間も省けます。情報漏えいの懸念もなくなるとよいですね。

現在は、携帯やスマホ、タブレット本体の記憶媒体に保存される情報には比較的敏感に対処するとしても、意外とSIMカードに保存されている情報には無頓着になりがちな方は多いのではないでしょうか? あなたの個人情報や企業情報は、こういうところから漏れているかもしれません。

バンドピン抜き棒

しかし、数十数百台と導入され、管理する携帯、スマホ、タブレットのSIMカードの管理はなかなか骨の折れる作業です。

製品に付属のSIMピンは、当然ながら、何百何千回もSIMを抜くようには、作られてはいないため、すぐに「グニャッ」と曲がったりしてしまいます。また、持ちにくく使いにくいのが難点です。

というわけで、SIM抜き作業になにか良い道具がないものか探したところ、腕時計のバンド調節に使う器具がなかなか良好な使い勝手でした。

例えば、Amazonで「バンドピン抜き棒」と検索してみてください。

0.7~1mmのものが使えるようです。小さい器具になりますから、紛失防止のためにコイル状のストラップなどにつけておくとよいようです。

SIMと作業道具

また、抜き去った後に、再利用するSIMカードは、百円ショップなどで取り扱っている釣り具ボックスに入れると管理しやすくなります。

少しの工夫ですが、充実したジョーシスハックライフのお供にいかがでしょうか。

林檎すった―
編集部でもトップクラスのデジタル通。特にApple製品に関しては神の領域とも噂される。
全国の情シスの方々に役立つ情報を、かなりマニアック?! な視点で福岡方面よりお届けします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 平成31年、とうとう平成最後の年が幕を開けた。先日、安倍首相は三重県伊勢市での年頭記者会見で、「5月…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  1. 【情シス基礎知識】~Windows10を学ぶ~サービスチャンネルと機能更新の関係

  2. PCNW「YOUはどうして情シスに?」第三回クライアント勉強会@東京

  3. 【情シス×ストレッチ】手首疲労対策ストレッチ「手首レッチ①」~第10回~

  4. くらめその情シス“技”【番外編】:OneLoginポータルへのログインをバイパスする

  5. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Javaの種類と有償化の関係

  6. 【知っトク技術】秘密計算とは何か?

  7. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Windows Defenderってなにするもの?

  8. 【情シス基礎知識】CISOとCSIRT、その関係性は?

  9. 【情シス知っ得言語】「Go言語」のメリットと学ぶべき理由

  10. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

関連サービス

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  2. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  3. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  6. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
ページ上部へ戻る