新たなネットワーキングへの移行に関する2021年の展望-ガートナー

ガートナー ジャパン株式会社は、新たなネットワーキングへの移行に関する2021年の展望を発表。
2024年までに、新たなネットワーキングへの移行が進み、クラウド型セキュリティ・ゲートウェイを採用する企業は60%を超えると予測。

「多くの企業は自社ネットワークの根本的な見直しを迫られている」としている。

 

IT部門はネットワークに生じるボトルネックの解消に奔走

2021年に入り、世界中の企業が新たな働き方を模索する中で、企業ネットワークもその在り方の大きな変化に直面している。
この背景には、在宅勤務者が増えたことや、Microsoft 365やGoogle Workspaceなどオフィス系アプリケーションのパブリック・クラウドの利用が拡大し始めていることにもその理由がある。
これを受けて、企業内やインターネット上のトラフィックが増大し、既存のネットワークにさまざまなボトルネックが生じている。

アナリストでバイス プレジデントの池田 武史氏は、「こうしたトラフィックの変化に対応する選択肢としてクラウド型セキュリティ・ゲートウェイが採用されており、新たなネットワーキングへの移行が始まっている」と述べている。

ガートナーは国内企業を対象に2020年9月に調査を実施。新型コロナウイルス感染症(COVID-19) が企業ネットワークに与える影響に対処するために優先した作業について尋ねている。
その結果、最優先した作業として上位に挙げられたのは「インターネット接続の契約帯域の増速」「セキュリティ・ゲートウェイ機器のクラウド型への移行」「VPN装置の増強」の3つであった。
優先度を問わず最も多くの回答を集めたのは、「セキュリティ・ゲートウェイ機器のクラウド型への移行」であった (図1参照)。

図1. ITリーダーが優先したネットワーク関連の移行/増強作業

出典:Gartner (2021年3月)

2020年1月の同調査では、クラウド型セキュリティ・ゲートウェイを採用した企業は10%程度であったことを鑑みると、COVID-19の影響によってその採用は確実に加速し、2024年までには新たなネットワーキングへの移行が進み、クラウド型セキュリティ・ゲートウェイを採用する企業は60%を超えるとガートナーは予測している。 

クラウド型のゲートウェイは新たなネットワーキングにおいて重要な役割を担う

こうしたクラウド型ゲートウェイなどで構成される新たな市場を、ガートナーはセキュア・アクセス・サービス・エッジ (SASE) として定義し、多くの企業が今後注目し、導入すべきソリューションとして提唱している。
しかしながら、多様なテクノロジが織りなすこのソリューション全体が成熟するまでには、5~7年はかかるとみられている。

前出の池田氏は次のようにも述べている。「今後も在宅勤務を前提とした環境の整備を進める企業や、クラウド型のオフィス系アプリケーションを利用する企業は増加するとみられます。また、今後は社内外の幅広いビジネスをデジタル化することも求められます。その際に最も重要なのは、パフォーマンスとセキュリティのバランスを取りながら、さまざまな接続を俊敏に変化させていくことです。クラウド型セキュリティ・ゲートウェイは、こうした新たなネットワーキングに移行する上で重要な役割を担うテクノロジです」

 

新たなネットワーキングへの移行はさまざまなチャレンジを伴う

IT部門が従来のオンプレミス中心の企業ネットワーキングからクラウド中心の新たなネットワーキングに移行するには、さまざまなチャレンジが伴う。当然、インパクトをしっかり把握した上で取り掛からなければ、適切に移行できない事態を招きかねない。
このような移行を進めるに当たって事前に知っておくべき5つのポイントは、以下のとおりである。

  • オンプレミスとクラウドのハイブリッドを前提とした移行を進める
  • スモール・スタートによって安定した移行を実現する
  • 運用しながら変化させていく時代に合わせたスキルセットを獲得する
  • ポリシー中心のネットワーキングへのチャレンジを理解する
  • さまざまなテクノロジの組み合わせで解決するチャレンジを理解する (SASE、VPN、ゼロトラスト・ネットワーク・アクセス [ZTNA]、ソフトウェア・デファインドWAN [SD-WAN] の関係など)

更に池田氏は次のようにも述べています。「市場では、ゼロトラストや『脱VPN』といったキーワードでもこうした変化が盛んに訴求されています。その一方で、いつまでに何をすべきかといった観点をおろそかにしたまま検討を進めるケースも見られます。現時点ではテクノロジの成熟度が不十分で発展途上であり、今後はさらにベンダーの統廃合も起こると予測されます。IT部門は、大きな変化を理解しつつも、今すぐに解決すべき課題への対処を優先することが重要です。在宅勤務環境を支えるクラウド型のリモート・アクセスVPN (ZTNA) への移行や、トラフィックが集中しがちなプロキシを提供するクラウド型ゲートウェイ (セキュアWebゲートウェイ [SWG]) などから導入し、新たなネットワーキングへの移行を始めるとよいでしょう」

このような状況を踏まえ、ガートナーでは来る3月9日 (火)、「クラウド中心のネットワーキング:新しい基準に移行する」と題したウェビナーを実施する。ホストは前出の池田氏が努める。

リモートワークが進む中、クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境においてどのようにネットワークを構築し運用すべきかに加え、セキュアかつコスト最適なネットワーキングを実現する方法や移行の留意点などについて解説するという。

今後のノットワークセキュリティを考える上で、最新動向を知っておくのは非常に有効であろう。


GartnerについてGartner, Inc. (NYSE: IT、S&P 500) は、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業です。ビジネス・リーダーが今日のミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を実現し、将来にわたって成功する組織を築くために欠かせない知見、アドバイス、ツールを提供しています。 

Gartnerのリサーチは、エキスパート主導かつ、実務担当者からの情報に基づき、データを重視したもので、この比類なきサービスにより、お客様が重要な課題に対して正しい判断を下せるよう導きます。業界や企業規模を問わず、ほとんどすべての職務領域にわたり、Gartnerは信頼されるアドバイザーならびに客観性を備えたリソースとして、世界100カ国以上、1万4,000社を超える企業に支持されています。

詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。
gartner.com
gartner.co.jp (ガートナー ジャパン)


本レポートは、ガートナージャパン様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.gartner.com/en/webinars/3995611/cloud-centric-networking-shifting-to-new-standards-airing-in-jap

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る