HiBlead、Japan IT Week 秋(AI・自動化展)にIT-Manager SDを出展

ハイブリィド株式会社は、2018年10月24日(水)から幕張メッセで開催する「Japan IT Week 秋(AI・自動化展)」において、『IT-Manager SD』の出展を行う。
この『IT-Manager SD』は、一言で言えばチャッボットサービスであるが、「社内システムの問題を可視化し、IT部門の生産性を向上するプラットフォーム」である。

情報システム部門では、電話やメール・対面といった日々の問い合わせに係る対応が少なくない。その結果、本来注力すべき、新規企画・社内説明・改善活動・技術検証といった業務への対応が後手に回ってしまうケースが多くある。IT-Manager SDを利用することで、多忙な情報システム部門の生産性向上・業務効率化に貢献するとともに、事業成長・ビジネス成長を担う目指すべき情報システム部門への変革を実現できるという。

 

◆IT-Manager SDの3つの特徴

 

ヘルプデスク業務などに使えるチャットボットサービスは数多く存在するが、価格や機能、サポート体制など、それぞれに特徴がある。自分の利用環境に適するかどうかは、トライアルを行うなどしてキチンと見極めることが重要である。

月額5万円から始められ、必要に応じてSSOやプライベートクラウド利用など柔軟性のあるシステム構成は、利用企業にとっては嬉しい。

少し前に日経コンピュータと日本経済新聞が実施した「AIの活用状況に関する調査(2018年7~8月、国内大手企業113社の回答)」によれば、88%の企業が「AIツールの導入には人材が課題」と回答している。情シス部門の人材不足を解消するために導入するAIツールであるが、そのAIツールを導入するのに人材が必要では、大企業はともかく、本来は最も有効活用すべきである中小企業には導入のハードルが高い。

その点、ハイブリィド株式会社は、情シス部門に特化したコンサルティングを手がけており、その顧客の悩みを解決するために生み出されたのが、この『IT-Manager SD』である。単なるチャットボット導入だけで終わらない”情シスサポート”が期待できることは、情シスに人手が割けない会社には嬉しいのではないだろうか。

 


『IT-Manager SD』

社内システムの問題を可視化し、IT部門の生産性を向上するプラットフォーム

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」Vol.3:Excelでの集計作業を秒殺する方法

  2. ファイルレスとモジュール化を採用した新たなボット型マルウェア「Novter」-セキュリティブログ

  3. 働き方改革の”カギ”とそのために必要なこと

  4. 使える! 情シス三段用語辞典96「SAML」

  5. 情シス歳末交流会「どやった?今年の情シス2019」@大阪-PCNW

  6. 【.NEXT Japan 2019】Disruption=創造的破壊がDXを加速する

  7. ゼロトラストとは何なのか、歴史と議論をひも解く-セキュリティブログ

  8. 【情シス基礎知識】OpenID Connectとは?

  9. 情シスとデジタルトランスフォーメーション(DX)の関係【後編】

  10. 【トレンドウォッチ】情シス業務から運用が消えるのか!?自律型データベースってなに?

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  2. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  3. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  4. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  5. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
ページ上部へ戻る