国内ページボリュームおよびプリント関連ハードウェア市場(2017年)-IDC

23日、IDC Japanは、国内ページボリューム(プリント機器からの出力ページ数の総計)、国内プリント関連ハードウェア売上額の動向を発表。これによると、2017年の国内ページボリュームは3,283億ページ(前年比成長率マイナス0.5%)、同年のプリント関連ハードウェアの売上額は7,887億円(前年比成長率マイナス1.3%)という結果に。

・2017年 国内ページボリュームは、3,283億ページ(前年比成長率マイナス0.5%)
・2017年 国内プリント関連ハードウェア売上額は、7,887億円(前年比成長率マイナス1.3%)
・国内市場がゆるやかに縮小する中、ベンダーにはDXを前提とした新たな働き方を提案と、新しい働き方におけるプリント役割の再定義が求められる

2017年の国内ページボリュームの内訳は、レーザー機器からの出力が2,935億ページ(前年比成長率マイナス0.2%)、インクジェット機器からの出力が347億ページ(前年比成長率マイナス2.3%)。IDCでは、今後国内ページボリュームは緩やかに減少を続けるとみており、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)をマイナス1.0%、2022年のページボリュームを3,125億ページと予測している。
セグメントごとの予測は、レーザー機器ページボリュームが同CAGRマイナス0.6%、インクジェット機器ページボリュームはマイナス4.8%です。モバイル/クラウドの普及によるページボリュームへのマイナス影響は限定的であるものの、各種申込書や政府提出書類などの文書の電子化、業務効率化に向けたワークフローの自動化などの複合要因によって、オフィスのページボリュームは緩やかに減少すると考えられる。

2017年の国内プリント関連ハードウェア売上額の内訳は、レーザー機器が6,799億円(前年比成長率マイナス2.7%)、インクジェット機器が988億円(前年比成長率9.6%)、スキャナーが101億円(前年比成長率マイナス5.1%)であった※。
また、国内プリント関連ハードウェア売上額の2017年~2022年のCAGRをマイナス0.9%、2022年の売上額を7,556億円とIDCでは予測している。セグメント別に見ると、レーザー機器の同CAGRがマイナス0.4%、インクジェット機器がマイナス3.6%、スキャナーがマイナス5.3%。ページボリュームと同様に、ワークフローの自動化等によって事務処理のためのプリントやスキャンが減少すると考えられることが、マイナス成長予測の主な理由と考えられる。

IDCでは、国内ページボリューム、そしてプリント関連ハードウェア市場において、ゆるやかなマイナス成長を予測している。また、モバイルやクラウドなどの第3のプラットフォームの普及と、それに伴うビジネスモデルの転換(デジタルトランスフォーメーション – DX)、デジタルネイティブと呼ばれる若い世代への世代交代などによって、プリント環境をとりまく状況はますます厳しくなると考えられる。
今後、DXによってオフィスそして働き方が大きく変化しようとしており、ベンダーは、DXを前提にした新しいオフィスや働き方を提案し、その上でプリントの果たす役割を再定義する必要があると分析している。

※A4カラープリント速度 1~69ppm、A4モノクロプリント速度 1~90ppmのレーザーMFP (Multi Function Peripheral/複合機:プリンター機能に加え、コピー機能、FAX機能、スキャナー機能のいずれかを備えた機器)およびプリンター。インクジェット機器は、High Speed Inkjetを除く。

 

<参考資料>
国内ページボリューム予測、2013年~2022年

Note: レーザー機器は、カラー(A4) 1~69ppm、モノクロ(A4) 1~90ppm。2017年までは実績、2018年以降は予測
Source: IDC Japan, 8/2018


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20180823Apr.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 国内LPWAの普及を阻む3つの要因

  2. Backlog World 2019開催(2019年1月26日)~プロジェクトマネジメント×働き方改革~

  3. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(業務システム編)-ノークリサーチ調査

  4. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  5. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  6. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  7. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  8. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  9. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  10. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る