国内ページボリュームおよびプリント関連ハードウェア市場(2017年)-IDC

23日、IDC Japanは、国内ページボリューム(プリント機器からの出力ページ数の総計)、国内プリント関連ハードウェア売上額の動向を発表。これによると、2017年の国内ページボリュームは3,283億ページ(前年比成長率マイナス0.5%)、同年のプリント関連ハードウェアの売上額は7,887億円(前年比成長率マイナス1.3%)という結果に。

・2017年 国内ページボリュームは、3,283億ページ(前年比成長率マイナス0.5%)
・2017年 国内プリント関連ハードウェア売上額は、7,887億円(前年比成長率マイナス1.3%)
・国内市場がゆるやかに縮小する中、ベンダーにはDXを前提とした新たな働き方を提案と、新しい働き方におけるプリント役割の再定義が求められる

2017年の国内ページボリュームの内訳は、レーザー機器からの出力が2,935億ページ(前年比成長率マイナス0.2%)、インクジェット機器からの出力が347億ページ(前年比成長率マイナス2.3%)。IDCでは、今後国内ページボリュームは緩やかに減少を続けるとみており、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)をマイナス1.0%、2022年のページボリュームを3,125億ページと予測している。
セグメントごとの予測は、レーザー機器ページボリュームが同CAGRマイナス0.6%、インクジェット機器ページボリュームはマイナス4.8%です。モバイル/クラウドの普及によるページボリュームへのマイナス影響は限定的であるものの、各種申込書や政府提出書類などの文書の電子化、業務効率化に向けたワークフローの自動化などの複合要因によって、オフィスのページボリュームは緩やかに減少すると考えられる。

2017年の国内プリント関連ハードウェア売上額の内訳は、レーザー機器が6,799億円(前年比成長率マイナス2.7%)、インクジェット機器が988億円(前年比成長率9.6%)、スキャナーが101億円(前年比成長率マイナス5.1%)であった※。
また、国内プリント関連ハードウェア売上額の2017年~2022年のCAGRをマイナス0.9%、2022年の売上額を7,556億円とIDCでは予測している。セグメント別に見ると、レーザー機器の同CAGRがマイナス0.4%、インクジェット機器がマイナス3.6%、スキャナーがマイナス5.3%。ページボリュームと同様に、ワークフローの自動化等によって事務処理のためのプリントやスキャンが減少すると考えられることが、マイナス成長予測の主な理由と考えられる。

IDCでは、国内ページボリューム、そしてプリント関連ハードウェア市場において、ゆるやかなマイナス成長を予測している。また、モバイルやクラウドなどの第3のプラットフォームの普及と、それに伴うビジネスモデルの転換(デジタルトランスフォーメーション – DX)、デジタルネイティブと呼ばれる若い世代への世代交代などによって、プリント環境をとりまく状況はますます厳しくなると考えられる。
今後、DXによってオフィスそして働き方が大きく変化しようとしており、ベンダーは、DXを前提にした新しいオフィスや働き方を提案し、その上でプリントの果たす役割を再定義する必要があると分析している。

※A4カラープリント速度 1~69ppm、A4モノクロプリント速度 1~90ppmのレーザーMFP (Multi Function Peripheral/複合機:プリンター機能に加え、コピー機能、FAX機能、スキャナー機能のいずれかを備えた機器)およびプリンター。インクジェット機器は、High Speed Inkjetを除く。

 

<参考資料>
国内ページボリューム予測、2013年~2022年

Note: レーザー機器は、カラー(A4) 1~69ppm、モノクロ(A4) 1~90ppm。2017年までは実績、2018年以降は予測
Source: IDC Japan, 8/2018


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20180823Apr.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 平成31年、とうとう平成最後の年が幕を開けた。先日、安倍首相は三重県伊勢市での年頭記者会見で、「5月…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  1. 【情シス基礎知識】~Windows10を学ぶ~サービスチャンネルと機能更新の関係

  2. PCNW「YOUはどうして情シスに?」第三回クライアント勉強会@東京

  3. 【情シス×ストレッチ】手首疲労対策ストレッチ「手首レッチ①」~第10回~

  4. くらめその情シス“技”【番外編】:OneLoginポータルへのログインをバイパスする

  5. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Javaの種類と有償化の関係

  6. 【知っトク技術】秘密計算とは何か?

  7. いまさら聞けない【情シス基礎知識】Windows Defenderってなにするもの?

  8. 【情シス基礎知識】CISOとCSIRT、その関係性は?

  9. 【情シス知っ得言語】「Go言語」のメリットと学ぶべき理由

  10. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

関連サービス

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
  2. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  3. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  6. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
ページ上部へ戻る