国内IoTインフラ市場インテリジェントエッジ利用状況ユーザー調査-IDC

IDC Japanは、IoT(Internet of Things)プロジェクトを推進している国内企業および団体の経営層、事業部門長、部課長、係長、主任クラスを対象として2020年1月にアンケート調査を実施し、564の組織から得られた回答をもとに「2020年 国内IoTエッジインフラストラクチャ調査:インテリジェントエッジ利用状況」を発表した。

IDCでは、IoTの基本アーキテクチャとして「IoTの3層モデル」を定義している(図1)。
IoTの3層モデルを基に「IoTコアインフラ」と「IoTエッジインフラ」を定義し、さらに「IoTエッジインフラ」を「インテリジェントエッジ」と「それ以外のIoTエッジインフラ」に分類している。

図1. IoTの3層モデル

Notes:

  • クラウドまたはデータセンター層で使用されるIoTインフラストラクチャを「IoTコアインフラストラクチャ(IoTコアインフラ)」、エッジコンピューティング層で使用されるIoTインフラストラクチャを「IoTエッジインフラストラクチャ(IoTエッジインフラ)」として定義している。
  • IoTエンドポイント層で使用されるIoTインフラストラクチャ(センサー、デバイスなど)は、IoTインフラ調査の調査対象外としている。

Source: IDC Japan, 4/2020

「インテリジェントエッジ」は、データ分析などの高度なコンピュート処理を可能にするIoTエッジインフラを指し、「それ以外のIoTエッジインフラ」 は、IoTゲートウェイやルーターなど、データ分析を行わないIoTエッジインフラを指す。
本調査では、IoTインフラユーザーにおけるIoTエッジインフラの利用形態およびベンダー選定基準について調査している。

調査結果では、IoTエッジインフラにおける制御や分析処理で最も重要なものは、現在は、「OT(制御システム)の監視」、3年後は「データ分析(AI*を利用した深層学習)」が最上位項目となった(図2)。

図2.IoTエッジインフラで行っている最も重要な処理

Q. あなたが携わっているIoTプロジェクトにおいて、IoTエッジインフラで行っている最も重要な処理を1つお答えください。

n = 564
Note: 単一回答
Source: IDC Japan, 4/2020

現在、回答者の4割弱がデータ分析処理と回答しており、3年後にデータ分析処理を選択する割合は増加し、回答者の半数近くになった。

データ分析処理を、IoTエッジインフラで行う理由については、「データ処理が速い」が最上位項目となりました。また、分析処理で使用するデータに関しては、3年後は「画像データ(動画)」が最上位項目となりました。AIによる画像認識精度の向上が進む中、IoTエッジインフラにAI技術を搭載し、動画をデータ分析に活用するケースが増えてくるとIDCはみている。

エンドポイントから分析用データを収集するタイミングについては、「常時(ストリーミング)」が、「現在」、「3年後」共に最上位項目となった。また、収集したデータをIoTエッジインフラで保存する期間については、「1年以上」が、同様に最上位項目となっている。
また、「現在」と「3年後」を比較し、3年後の収集タイミング、保存期間として、それぞれ 「常時(ストリーミング)」「1年以上」を選択した割合が多い結果となった。
データ収集をストリーミング方式で行うケースが増え、また、データ保存期間がより長くなることから、IoTエッジインフラの分析処理で使用されるデータ量が今後増大すると考えられ、インテリジェントエッジのニーズ拡大につながるとIDCはみている。

また、最も重要な処理を行うIoTエッジインフラの採用意向に関する質問では、現在は、回答者の5割以上が汎用サーバーを選択している。3年後の採用意向では、汎用サーバーを選択する割合は減少し、IoTエッジ専用製品と、クラウドサービスベンダーのIoTエッジサービスを選択する割合が増加する。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの下河邊 雅行氏によれば 「IoTインフラベンダーは、インテリジェントエッジの製品ラインアップを強化し、自社のIoTインフラビジネス拡大につなげていく必要がある」と述べている。

*AI: Artificial Intelligence(人工知能)


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46186920

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#02:ゼロトラストモデルが求める7つの要件とは

  2. 怪しい添付ファイルやURLリンクを開いてしまったときの対処法【2020年】-is702

  3. 中小企業向けテレワーク(在宅勤務)ツール14選~コラボ業務編~

  4. 情報セキュリティ関連文書(NIST)を翻訳&公開-IPA

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#11:複雑な関数やVBAをやめたら属人化Excelは無くなるのか?

  6. いまさら聞けない【情シス知識】SSLとTLSって何?

  7. シリーズ”ウィズコロナ”#01:テレワークと安全配慮義務

  8. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#01:守るから許すセキュリティへ

  9. テレワークの意識調査:安全のためにセキュリティ教育が重要なワケ-セキュリティブログ

  10. 【知っ得スキル】もらってうれしいRFP ~第2章~システム要件

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Google検索におけるページランクのアルゴリズムやChromeの安全性を高めるための手段として、「…
  2. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  3. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  4. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  5. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
ページ上部へ戻る