国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測-IDC

IDC Japanは、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測を発表。

2019年の国内ユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場は、前年比成長率が6.0%、市場規模(売上額ベース)が3,667億3,200万円となった。
2019年の同市場は、企業での働き方改革の進行、予定されていた東京2020オリンピック・パラリンピックのインバウンド需要増などの要因によって、企業音声基盤/コンタクトセンターの大型リプレイス案件などがあり堅調に推移した。
IDCでは2020年初頭から発生している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は、同市場にも影響を与え、2020年は一時的に成長が鈍化すると予測している。2020年は一部の市場セグメントでマイナス成長になると予測していますが、2021年以降は在宅勤務需要の増加などによって、コラボレーティブワークスペース市場を中心に堅調に成長すると見込んでいる。同市場は、2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)3.2%で推移し、2024年には4,299億2,900万円になるとIDCでは予測している。

IDC Japan グループディレクターの眞鍋 敬氏は「国内UC/コラボレーティブワークスペース市場が今後も成長していくために、ITサプライヤーは中小企業の在宅勤務促進に向けたクラウドサービス/サポートの提供が重要であり、またAIによるコンタクトセンターやナレッジワーカーに対するインテリジェントサポートを訴求ポイントにした新たなワークスペース提案方法を検討するべきである」と述べている。

 

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測 2020年~2024年

Note: 本市場予測は、2020年3月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮したものである
Source: IDC Japan, 5/2020


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46332920

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る