働き方の未来に関する日本、米国、欧州の動向調査分析-IDC

IDC Japanは、ワークカルチャー/ワークスペース/ワークフォースといった分野の改革(レポートでは「働き方の未来」と呼ぶ)を推進するためのICTソリューションの導入状況、改革の決定者と予算、改革における促進要因/阻害要因などに関する調査を日本、米国、欧州で実施し、3地域の比較分析結果を発表した。

その結果、働き方の未来を実現するために独立した予算を持っている企業の割合は日本が最も低く約4割なのに対し、米国と欧州が共に8割弱と大きな開きがあることがわかった。
これを裏付けるように、日本は働き方の未来を実現するために改革すべき3領域のうち、特にワークカルチャー、ワークフォースにおける遅れが目立っていた。一方で、事務作業で利用する多くのITツールが属するワークスペース関連のITソリューションについては、日本は他の2地域とかなり伍していることも分かった。

社内の活動に独立した予算が付けられているか否かは、経営層のその活動に対する積極性や真剣度の表れと解釈することができるとIDCは考えている。働き方の未来を実現するために独立した予算が割り当てられている企業の割合は、日本が41.0%、米国が75.4%、欧州では78.6%と、日本では働き方の未来を実現するための取り組みが遅れている可能性があることが調査によりわかった。

図1. 働き方の未来を実現するために独立予算がある/なし

Source: IDC Japan, 6/2020

また、働き方の未来を実現するための改革を実行している世界の企業と比較して、自社の取り組みが「進んでいる」と回答した企業は、日本で10.5%である一方で、米国は41.6%、欧州は20.9%と、日本の自信のなさが目立っていた。

働き方の未来関連の取り組みをワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォースの3領域に分類し、それぞれの関連施策やITソリューションの導入状況の分析結果の一部を紹介する。
ワークカルチャー関連では、デジタルスキルのトレーニングの導入率は日本では31.0%で、米国や欧州と比較して20ポイントから14ポイント低く、また最新の人材採用/管理プラットフォームの導入率は日本では26.0%と同2地域より22ポイントから7ポイント低い結果となっています。ワークフォース関連のソフトウェアについては、RPA(Robotic Process Automation)の導入率は日本では28.3%で、2地域を大きく上回っている一方で、ワークフローの自動化は15.3%と2地域より25ポイントから32ポイントも低い結果となっています。ワークフローと言えば経費精算や交通費精算、そして様々な稟議書が思い浮かびますが、こういった書類が日本でまだ紙やメール等によって処理されていることが推測される。
また、ワークフォース関連のハードウェアにはロボット/ドローン、ウェラブル、AR、VRなどが含まれるが、日本ではこれら全てのハードウェアの導入率が2地域より非常に遅れていることがわかった。

ワークスペースについては、「社内の共同作業を推進するためのツール」、「仕事で必要なアプリケーションやデータにモバイルデバイスからアクセスできる」など質問項目の多くで日本の導入率は2地域とほとんど変わらない結果となりました。

IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション グループマネージャーの市川 和子氏によれば「今回の調査は(新型コロナウイルスの)パンデミックが起こる前に実施しました。働き方の未来という観点では日本は米国と欧州から遅れている点が目立っていますが、パンデミックを機に、日本企業のIT投資の優先度、さらに企業文化や組織の在り方にまで変化をもたらす可能性があり、働き方の未来の実現に向けた取り組みが一気に進展する可能性あります」と述べている。

今回の発表はIDCが発行した2020 年 働き方の未来に関する国内企業ユーザー動向調査:日本、米国、欧州の比較 にその詳細が報告されている。

 

図2. 働き方の未来とは

Source: IDC Japan, 6/2020


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46399820

関連記事

ピックアップ記事

  1. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 怪しい添付ファイルやURLリンクを開いてしまったときの対処法【2020年】-is702

  2. 中小企業向けテレワーク(在宅勤務)ツール14選~コラボ業務編~

  3. 情報セキュリティ関連文書(NIST)を翻訳&公開-IPA

  4. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#11:複雑な関数やVBAをやめたら属人化Excelは無くなるのか?

  5. いまさら聞けない【情シス知識】SSLとTLSって何?

  6. シリーズ”ウィズコロナ”#01:テレワークと安全配慮義務

  7. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#01:守るから許すセキュリティへ

  8. テレワークの意識調査:安全のためにセキュリティ教育が重要なワケ-セキュリティブログ

  9. 【知っ得スキル】もらってうれしいRFP ~第2章~システム要件

  10. 経済産業省:「DX銘柄2020」「DX注目企業2020」を選定

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Google検索におけるページランクのアルゴリズムやChromeの安全性を高めるための手段として、「…
  2. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  3. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  4. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  5. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
ページ上部へ戻る