国内企業のデジタル人材に関する調査結果-IDC

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を支える人材、「デジタル人材」に関する調査結果を発表。

IDCによれば、DXを支えるデジタル人材にとって必要とされるスキルとしては、DXを実現するためのAI(人工知能)、ビッグデータ、クラウドといった技術的なスキル(ハードスキル)と、関係部門や社外とのコミュニケーションスキル、業務変革やビジネス創造を企画する能力/スキル(ソフトスキル)の2つがあるという。
IDCでは、DXを実践している企業、DXの実験段階にある企業、DX実施の検討を行っている企業に対してアンケート調査を行い、これら2つのスキルのうちどちらがより重要かという質問をしたところ、全体としては「ソフトスキルの方がより重要(46.0%)」という回答を得た(「ハードスキルの方が重要」は24.3%)。
また、これらのスキル取得の方法としては、ハードスキルでは社内外の研修受講やDXのパートナーであるITサプライヤーによる協力などが上位に挙がった一方、ソフトスキルでは社内外の研修受講の回答割合は高かったものの、ITサプライヤーに協力を求めるケースは比較的少ない結果であった。デジタル人材育成におけるITサプライヤーの役割は、企業が必要とするスキルによって異なるようである。

ただし、今回の調査結果を、「DXの長期的なロードマップを持っているか」「そのロードマップは経営計画と一体化しているか」という観点から4つの回答者グループに分けて再集計すると、異なる風景がみえてくるという。
4つのグループのうち、DXをもっとも全社戦略の観点から実施していると考えられる「経営戦略/計画と一体化したDXロードマップを持っている」企業グループでは、DX人材育成において「ハードスキルの方がより重要」の回答率(32.4%)が「ソフトスキルの方がより重要」のそれ(29.4%)を若干上回り、全体の傾向とは異なる結果となった。

デジタル人材における「ハードスキル」と「ソフトスキル」の重要性比較:DXロードマップ状況別


Source: IDC Japan, 7/2020

全社戦略的にDXを進めようとする企業は、もちろんソフトスキルを軽視しているわけではなく、技術とビジネスのバランスの取れたスキル強化を行おうとしているものとみられる。また、ハードスキルの中で重要視するスキルを見ると、「内製化」につながる領域が他に比べて多く、技術的なスキルを社内に蓄積し、内製化されたデジタルアプリケーションを提供することで、差別化を図ろうという意図が見える。
さらに当該企業グループでは、人材育成方法においてもITサプライヤーを含む外部リソースの活用を積極的に行ったり、DX組織のリーダー層から担当層まで外部人材を登用したりといった傾向がみられた。

デジタル人材は、組織内の業務変革や新規ビジネスの創出をリードする役割を担っているため、外部からの新しい見方を取り入れたり、新たな技術を学んだりと、その育成には様々な施策が必要である。企業は、それを個人の自助努力に任せるのではなく、DX同様、組織的、戦略的に進めていく必要がある。

IDC Japan のリサーチバイスプレジデントである寄藤幸治氏によれば、「ITバイヤーは、中期的なデジタル人材育成のロードマップを、DX計画、経営計画とともに策定すべきである。また、技術的なスキル、ハードスキルの社内蓄積の必要性を再認識し、それらを活用した差別化を行うべきである」と分析している。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46653120

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. 【知っトクスキル】もらってうれしいRFP ~第1章~

  2. 夏休みなどの長期休暇と情報セキュリティ-IPA

  3. 「Change or Back!?」あなたの会社のテレワークは?

  4. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#10:業務システムの内製化とその責任

  5. サーバーの構築者・管理者等向け「TLS暗号設定ガイドライン」公開-IPA

  6. 「新しい生活様式」における働き方 ~富士通「Work Life Shift」に学ぶ~

  7. シリーズ【SSL可視化とセキュリティ】1)可視化が求められる背景

  8. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#9:kintoneがExcelライクに使える「krew」がスゴイ理由

  9. ”アフターコロナ”の世界を情シス的に考える

  10. SOFTCREATE:テレワーク導入検討の専門チャンネル「テレワーク チャンネル」開設

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  4. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  5. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
ページ上部へ戻る