2018年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査-IDC

IDC Japanは、国内の企業にフルタイムで勤務する20~69歳の男女1,000名を対象に、Webアンケート方式で実施した「2018年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査」の結果について発表。

図1.AR/VRのビジネス利用状況・時系列比較

VR(Virtual Reality, 仮想現実)をビジネスで利用しているとの回答は全体の3.3%であり、前回(2017年)の2.7%より増加しており、トレーニング分野や不動産の内覧などの分野での利用が拡大している現状を反映した結果となった。しかし、今後VRを利用する意向であるとした割合は減少しており、VRの現利用者と今後の意向者も含めた割合は2017年とほぼ同様の状況にある。業種別でみると、情報通信業に続いて製造業でのVRの利用が盛んという結果になった。VR技術の利用目的については、現利用者では技術研究に続いて「動画コンテンツの開発/個人向け販売」が高く、昨今のVTuberブームなどを裏付ける動向となっているのに対し、今後のVR利用を検討しているケースではマーケティング用途での利用が高く、依然としてこの分野でのVRのニーズが高いことがうかがわれる。

他方、AR(Augmented Reality, 拡張現実)のビジネス利用は現在の利用者(2.1%)、今後の利用意向者(6.3%)ともに前回調査(それぞれ2.3%、6.5%)を下回っており、厳しい現状にあることがうかがえる。業種別では、情報通信業や製造業での採用がやや活発。利用用途を見ると、ARではビジネスでの現在利用者、意向者の両方で「ARコンテンツ開発環境の開発と販売」に分類されるものが多く、実際の業務での活用は「遠隔業務支援/テレワーク」などにとどまっています。2019年は新しいタイプのARヘッドセットが多数登場することが期待されるためで、今後の伸びが期待されている。

また、現段階ではAR/VRを自社ビジネス利用していないとした回答者に、AR/VRの自社ビジネス利用での阻害/懸念要因をたずねたところ、VRではHMDの価格、ARではAR自体の消費者への普及等を挙げる声がトップとなり、いずれもAR/VRの一般化には価格の低廉化とそれに伴うより広い層へのリーチが課題であることが浮かび上がった。2018年はOculus Goなどのコストパフォーマンスに優れた製品が多く発売されたが、AR/VRの一般化に向けての価格の障壁は依然として根強いことがうかがわれる。また、従来VRの懸念材料であった「VR酔い」は下位に後退しており、ソフトウェアやコンテンツ開発上のノウハウの蓄積がVR酔いの抑止に貢献していると推定される。

ただし、AR/VRをそれぞれ自社ビジネスにすでに利用/採用している層のこれらの技術に対する今後の投資意向は堅調であり、いずれも約4割が投資を増やすと回答。その点においては、AR/VRを現在すでにビジネスで採用している層がその利活用を加速させていく一方で、AR/VRの利用を行わない層は現在のままの水準でとどまるため、AR/VRをめぐるリテラシーの格差は今後拡大する可能性がる。

IDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストである菅原啓氏によれば「これらの格差はデジタルトランスフォーメーションの実現水準の格差、およびデジタル技術の採用による競争優位性の格差の一因になりうるため、現在エコシステムが確立しつつあるトレーニングVRを利用した人材育成はもちろんのこと、実際の業務の現場においてもこれらの技術を積極的に採用し、デジタルの恩恵を自らの成長のドライバーとしていくことが望ましい」と結論づけている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ44846819

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」Vol.3:Excelでの集計作業を秒殺する方法

  2. ファイルレスとモジュール化を採用した新たなボット型マルウェア「Novter」-セキュリティブログ

  3. 働き方改革の”カギ”とそのために必要なこと

  4. 使える! 情シス三段用語辞典96「SAML」

  5. 情シス歳末交流会「どやった?今年の情シス2019」@大阪-PCNW

  6. 【.NEXT Japan 2019】Disruption=創造的破壊がDXを加速する

  7. ゼロトラストとは何なのか、歴史と議論をひも解く-セキュリティブログ

  8. 【情シス基礎知識】OpenID Connectとは?

  9. 情シスとデジタルトランスフォーメーション(DX)の関係【後編】

  10. 【トレンドウォッチ】情シス業務から運用が消えるのか!?自律型データベースってなに?

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  2. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  3. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  4. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  5. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
ページ上部へ戻る