国内携帯電話市場(2018年Q3)-IDC

26日、IDC Japanは、国内携帯電話、およびスマートフォンの2018年第3四半期(2018年7~9月)の出荷台数を発表。2018年第3四半期の国内携帯電話出荷台数は、前年同期比6.1%増の745万台と、緩やかな成長に。内、スマートフォンは前年同期比5.6%増の732万台、従来型携帯電話は13万台となった。従来型携帯電話はすべて機能に制限のある子供向け製品であり、通常の機能を備えた従来型携帯電話は出荷がゼロの状態が継続している。

・国内携帯電話出荷台数は前年同期比6.1%増、745万台
・アップルの出荷は前年同期比27.5%増の353万台、新機種の9月発売が貢献
・Android系は同9.0%減と2016年第3四半期以来の前年比プラス成長がストップ

成長の要因の一つはアップルが新機種を9月に発売したことに伴い、出荷が前年同期比27.5%増の353万台と好調だったことが挙げられる。Android系は合計378万台の出荷となったが、これは前年同期比9.0%減となり、2016年第3四半期以来継続していた前年同期比のプラス成長がストップした。

ベンダー別では、今回もアップルがシェア47.4%でトップ。2位はAQUOS R2など幅広いモデルで好調な出荷を達成したシャープが88万台で2位(シェア11.9%)を維持。3位は「らくらくスマートフォン」が好調で74万台(シェア10.0%)の出荷を行った富士通、4位は58万台(シェア7.8%)を出荷したソニー、5位はミドルレンジモデルの出荷が堅調な京セラが53万台(シェア7.2%)を出荷。このうち、シャープは前年同期比7.4%増、富士通は6.9%増である一方、ソニーは30.7%減、京セラは31.6%減となった。その他、MVNO事業者向けに出荷されることの多いSIMフリーモデルは36.7万台であった。

2018年第3四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア

※1,000台未満については四捨五入しています。
※従来型携帯電話を含みます。
※端数処理[四捨五入]の影響により合計値の末尾が一致しません。
Source: IDC Japan, 11/2018

2018年第3四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア

※1,000台未満については四捨五入しています。
※従来型携帯電話は含みません。
※OSにAndroid系を採用している折り畳み式の端末もスマートフォンに含みます。
Source: IDC Japan, 11/2018

 

アップルの新機種が9月に発売されたこともあり、昨年を上回る出荷となったが、更に2018年第4四半期(10~12月)はiPhone XRの他、Android陣営からはAQUOS ZeroやXperia XZ3など有機ELディスプレイを採用したフラッグシップモデルが登場することから、市場の活性化が期待される。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ44467618

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#02:ゼロトラストモデルが求める7つの要件とは

  2. 怪しい添付ファイルやURLリンクを開いてしまったときの対処法【2020年】-is702

  3. 中小企業向けテレワーク(在宅勤務)ツール14選~コラボ業務編~

  4. 情報セキュリティ関連文書(NIST)を翻訳&公開-IPA

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#11:複雑な関数やVBAをやめたら属人化Excelは無くなるのか?

  6. いまさら聞けない【情シス知識】SSLとTLSって何?

  7. シリーズ”ウィズコロナ”#01:テレワークと安全配慮義務

  8. 「ゼロから学ぶ」ゼロトラスト#01:守るから許すセキュリティへ

  9. テレワークの意識調査:安全のためにセキュリティ教育が重要なワケ-セキュリティブログ

  10. 【知っ得スキル】もらってうれしいRFP ~第2章~システム要件

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Google検索におけるページランクのアルゴリズムやChromeの安全性を高めるための手段として、「…
  2. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  3. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  4. WebサイトのURLには「http://」で始まるものと「https://」で始まるものの2種類があ…
  5. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
ページ上部へ戻る