国内クラウドセキュリティ市場予測-IDC

1日、IDC Japanは、国内クラウドセキュリティ市場の2018年~2022年の予測を発表した。

・2017年の国内クラウドセキュリティ市場規模は前年比19.7%増の96億円、2022年には220億円と予測
・2017年~2022年の年間平均成長率は18.0%
・ローカルブレイクアウトによるクラウドサービス利用でクラウドセキュリティへの需要が拡大
・国産のクラウドアプリケーションとクラウドセキュリティゲートウェイとの連携を拡充することが必要

IDCでは、パブリッククラウド環境へのセキュリティ対策製品市場を国内クラウドセキュリティ市場と定義し、クラウドシングルサインオンとクラウドセキュリティゲートウェイ、その他クラウドセキュリティの3つの機能セグメントに分類し、市場規模算出/市場予測を行っている。

2017年の国内クラウドセキュリティ市場は、前年比19.7%増の96億円。同市場の2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は18.0%で、市場規模(売上額ベース)は2017年の96億円から、2022年には220億円に拡大すると予測している。
その理由として、同市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展により、パブリッククラウドやモバイルデバイスの利用が拡大。ITリソースがパブリッククラウド上に展開されるケースが増加することから、パブリッククラウド上のITリソースを保護する目的としてクラウドSSO(シングルサインオン)やマルウェア対策への需要が引続き高く、市場を牽引していくとIDCでは予測している。

また、社外からモバイルデバイスによるパブリッククラウドの利用が拡大することで、会社として利用を認めていないクラウドサービスやデバイスなどの、「シャドーIT」による情報漏洩リスクが高まることから、ユーザーの挙動分析やアプリケーションの稼働監視などを行うクラウドセキュリティゲートウェイソリューションへのニーズが高まるとも考えます。特に、社外から直接インターネットを利用する「ローカルブレイクアウト」によるパブリッククラウドの利用では、クラウドセキュリティゲートウェイソリューションによるセキュリティ対策が有効であり、ローカルブレイクアウトによるパブリッククラウドの利用拡大とともに、急速に需要が拡大するとIDCではみており、国内クラウドセキュリティゲートウェイ市場の2017年~2022年のCAGRは37.2%と予測する。

 

<参考資料>

国内クラウドセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2016年~2022年

Source: IDC Japan, 11/2018

 

国内企業が利用しているクラウドサービスは、国内のクラウドサービス事業者が展開しているサービスも多く存在する。特にクラウドアプリケーションの稼動状況や利用ユーザーの挙動、そして使用しているコンテンツを監視するクラウドセキュリティゲートウェイでは、国内で利用されているクラウドアプリケーションとの連携が求められる。クラウドセキュリティゲートウェイソリューションを提供するサプライヤーは、国内のクラウドサービス事業者と協業し、クラウドアプリケーションとクラウドセキュリティゲートウェイとの連携を拡充していくことによって、国内でのクラウドセキュリティゲートウェイの需要が拡大するとみている。

DXの進展によって、データの価値は高まっており、企業は、業務活動で使用するデータの可用性や有用性、品質、完全性などを担保する為に、データの取り扱いをより明確にする必要がある。パブリッククラウドサービスやモバイルデバイスの利用拡大に伴い、データの利活用は場所や時間を問わず行われ、その結果、企業が許可していないパブリッククラウドサービスにデータを保存することが容易にできてしまう状況にある。企業が許可していないパブリッククラウドサービスやモバイルデバイスなどの「シャドーIT」の利用により、データの取り扱いが不明瞭になり、情報漏洩や改ざんのリスクは高まってしまう。
このようなパブリッククラウドの利用でのデータガバナンスを向上させるためには、パブリッククラウド上に展開されているデータへのアクセスコントロールやアクセスしているユーザーの挙動分析、データを扱っているアプリケーションの稼働監視などのパブリッククラウド環境に対するセキュリティソリューションがとても有効である。その為、セキュリティ製品サプライヤーは、パブリッククラウド利用におけるセキュリティの強化だけではなく、データガバナンスの向上対策としてもクラウドセキュリティソリューションをもっと訴求すべきである。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20181101Apr.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  2. 「攻めの情シス」が求められるとともに、昨今専任CIOの存在感が高まりを見せています。一方、日本におい…
  3. 『多くの人々の「笑顔」のために「感動」を届ける。』を企業理念に、人材・IT・サービスの3軸で…
  4. 2018/07/09 ITコンサルティング事業を主力とするハイブリィド株式…
  5. 2018/06/20 情シスの現場では「管理会計」というキーワードは、果たしてどのくらい浸透し…
  1. 【ET×IoT Technology 2018レポート②】つながる時代のテクノロジーここに集結!!

  2. 【ET×IoT Technology 2018レポート①】つながる次世代のテクノロジーここに集結!!

  3. 使える! 情シス三段用語辞典73「IPoE」

  4. 【ET & IoT Technology 2018】序章・ETもIoTも情シスは知っておくべき!?

  5. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  6. 【情シス×ストレッチ】~第4回~腰痛対策ストレッチ「腰レッチ①」

  7. PCNW【第一回ITトレンド勉強会】RPAに情シスはどう関わるべき?

  8. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  9. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

  10. 【情シス女子】第44回「人と人を紡ぐ『笑顔』をこれからも大切にしていきたい」岡田真由さん

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る