国内データセンター内のAIシステム数予測~AIの消費電力が国内データセンター全体の4.8%に~-IDC

28日、IDC Japanは、国内データセンター(DC)に設置されるAI(人工知能)システムの数の予測を発表。これは、GPU(Graphics Processing Unit)などのアクセラレーターを搭載したAI向けの高性能サーバーのうち、データセンターに設置されるものを、サーバーラックの本数で推計した結果となります。

・国内DC内のAIシステム数は、2018年末から2022年末に3.6倍へ(ラック本数ベース)
・国内DC内のAIシステムの消費電力は、2022年には国内DCの消費電力全体の4.8%を占める見込み
・DC内のAIシステム数が増えるにつれて、冷却システムのイノベーションが重要に

これによると、2018年末時点の国内DCに設置されているAIシステムは3,141ラックになる見込みで、2022年末時点には11,179ラックと、3.6倍になるとIDCでは予測している。AIスタートアップ企業で、グーグルやAWSが提供するクラウド型のAIサービスの利用が拡大するために、商用の事業者DCにおける設置が増える見込みである。また、それと同時に、製造業やサービス業などの企業で実際のビジネスデータを利用したAIシステムの活用が進み、企業内DCに設置するケースも増加するとIDCではみている。これは、顧客情報など機密性の高いデータをクラウド上で処理することに抵抗感を抱く企業があるためである。

国内データセンター内に設置されるAIシステム数の予測(サーバーラック本数ベース)
国内データセンター内に設置されるAIシステム数の予測(サーバーラック本数ベース)
Note:事業者DCと企業内DCの合計
Source: IDC Japan, 11/2018

AIシステムでは、学習フェーズの処理における消費電力と発熱量が大きくなる傾向がある。国内DCに設置されるAIシステムの消費電力は、2018年に国内DC消費電力全体の1.3%であるが、2022年には4.8%を占めるものとみられる。(但し、ここで言う消費電力とは定格消費電力のことで、実際に使った電力量ではない)

国内で新設されているDCの1拠点あたり電力キャパシティは増加傾向にあり、AIシステムの設置拡大に対応できるような設備仕様になりつつあるが、今後は冷却システムの見直しが必要になる。

従来の空調設備では能力が不足し、冷却に必要な電力コストも過大になる可能性があるためである。「冷却水や冷却液を使った排熱など、冷却方式のイノベーションに備えて様々な実証実験を急ぐべきと、IDC Japanではみている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/201811281Apr.html


関連記事

【情シス豆知識】今、地方のデータセンターがアツい!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  2. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  3. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  4. 「攻めの情シス」が求められるとともに、昨今専任CIOの存在感が高まりを見せています。一方、日本におい…
  5. 自動化もデータ連携も、求められれば“いろんなことができる”Excelと Access。万能系の呼び声…
  1. Vol:08「IoT なう!!〜日本と海外の事例集〜」

  2. 【情シス×ストレッチ】~第8回~疲れ目対策ストレッチ「Eyeレッチ②」

  3. PCNW「個人/クライアント認証の最新潮流~Windows10に搭載された新時代の認証基盤~」第一回ITトレンド勉強会開催@大阪(12/20)

  4. 【DOCOMO Open House 2018レポート】後編:5Gだけじゃない、未来はすぐそこに

  5. 【DOCOMO Open House 2018レポート】前編:5G×テックで社会が、ビジネスが、生活が変わる

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  7. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  8. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  9. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  10. 【情シス豆知識】愛される情シス・嫌われる情シス

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  4. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  5. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
  6. 2018/06/27 あと1年半まで迫ったWindows 7のサポート終了。しっかりとしたPC…
ページ上部へ戻る