国内データセンター内のAIシステム数予測~AIの消費電力が国内データセンター全体の4.8%に~-IDC

28日、IDC Japanは、国内データセンター(DC)に設置されるAI(人工知能)システムの数の予測を発表。これは、GPU(Graphics Processing Unit)などのアクセラレーターを搭載したAI向けの高性能サーバーのうち、データセンターに設置されるものを、サーバーラックの本数で推計した結果となります。

・国内DC内のAIシステム数は、2018年末から2022年末に3.6倍へ(ラック本数ベース)
・国内DC内のAIシステムの消費電力は、2022年には国内DCの消費電力全体の4.8%を占める見込み
・DC内のAIシステム数が増えるにつれて、冷却システムのイノベーションが重要に

これによると、2018年末時点の国内DCに設置されているAIシステムは3,141ラックになる見込みで、2022年末時点には11,179ラックと、3.6倍になるとIDCでは予測している。AIスタートアップ企業で、グーグルやAWSが提供するクラウド型のAIサービスの利用が拡大するために、商用の事業者DCにおける設置が増える見込みである。また、それと同時に、製造業やサービス業などの企業で実際のビジネスデータを利用したAIシステムの活用が進み、企業内DCに設置するケースも増加するとIDCではみている。これは、顧客情報など機密性の高いデータをクラウド上で処理することに抵抗感を抱く企業があるためである。

国内データセンター内に設置されるAIシステム数の予測(サーバーラック本数ベース)
国内データセンター内に設置されるAIシステム数の予測(サーバーラック本数ベース)
Note:事業者DCと企業内DCの合計
Source: IDC Japan, 11/2018

AIシステムでは、学習フェーズの処理における消費電力と発熱量が大きくなる傾向がある。国内DCに設置されるAIシステムの消費電力は、2018年に国内DC消費電力全体の1.3%であるが、2022年には4.8%を占めるものとみられる。(但し、ここで言う消費電力とは定格消費電力のことで、実際に使った電力量ではない)

国内で新設されているDCの1拠点あたり電力キャパシティは増加傾向にあり、AIシステムの設置拡大に対応できるような設備仕様になりつつあるが、今後は冷却システムの見直しが必要になる。

従来の空調設備では能力が不足し、冷却に必要な電力コストも過大になる可能性があるためである。「冷却水や冷却液を使った排熱など、冷却方式のイノベーションに備えて様々な実証実験を急ぐべきと、IDC Japanではみている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/201811281Apr.html


関連記事

【情シス豆知識】今、地方のデータセンターがアツい!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. 経営陣から変化を求められる情シス。企業経営にITが欠かせなくなったビジネスの潮流を考えればさもありな…
  1. 運用課題のヒントがここにある!「情シスサミット2019秋」9/18開催

  2. 【情シス解体新書:Vol.1】情報システムという存在

  3. 「ゼロトラスト」への動きと働き方改革の関係

  4. KLab株式会社「情報システムマネージングプレーヤー」ポジションのご紹介 [PR]

  5. いよいよ始まった「テレワーク・デイズ2019」

  6. 【情シスTips】無線LAN設定、スモールオフィスで忘れちゃいけない5つの項目

  7. 【無料セミナー】セキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2019

  8. 使える! 情シス三段用語辞典90「ゼロトラスト」

  9. 【SORACOM Discovery 2019】IoTだけじゃない、情シス向けSORACOM活用術

  10. ご存じですか?「テレワーク・デイズ2019」

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  2. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  3. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  4. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  5. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  6. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
ページ上部へ戻る