国内IoT市場 企業ユーザー動向調査-IDC

IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)市場の企業ユーザー動向調査結果を発表。IDCでは2018年8月~9月、全国の従業員規模100名以上の企業を対象に、「IoT利用企業動向調査」と「IoT担当者深堀調査」という2つの定量調査(Webアンケート)を実施した。

・IoT利用企業率は6.4%(2015年比で1.5ポイント増加)
・IoT担当者深堀調査では、該当者の構成比は6.1%
・IoT担当者が所属する企業では、IoT活用の専門組織が存在するケースが3分の2を占める

「IoT利用企業動向調査」では、企業のIoT利用率や具体的なユースケースなど市場の概況を把握することを目的としている。回答があった3,320社の内、IDCの定義するIoTの利用企業(以下、IoT利用企業)は211社で、利用率は6.4%でした。IoT利用企業の割合は継続的に増加しており、前年比で0.4ポイント、2015年比で1.5ポイント増加しています。産業セクター別にみた場合、「製造/資源セクター」のIoT利用率は組立製造業とプロセス製造業が牽引することで全体平均を上回っています。「流通/サービスセクター」では運輸、「公共/インフラセクター」では公共/公益、「金融セクター」では銀行が目立っています。IoT利用企業の多くは、社内業務プロセスの合理化/コスト削減を目的とした「社内用途」のIoTを利用しています。一方でIoTを顧客向けの製品/サービスの付加価値創出や新たなビジネスに役立てる「DX用途」を推進する企業も全回答の19.9%(42回答)を占めます。

本調査における「IoT担当者」の考え方と出現率


Notes: 本調査では、自身の業務の1割以上をIoTに充てる社員を「IoT担当者」と総称する。IoT担当者のうち自身の業務の5割以上をIoTに充てる社員を「IoT担当者(主)」とし、それ以外を「IoT担当者(準)」としている。
Source: IDC Japan, 12/2018

「IoT担当者深堀調査」では、企業の中で自身の業務の1割以上をIoTに充てる「IoT担当者」を対象に調査を行っています。回答があった17,168名の内、1,051名(6.1%)がIoT担当者に該当する結果となり、これは昨年実施した推計よりも0.4ポイント増加しています。また5割以上を充てる「IoT担当者(主)」も1.7%存在することが分かりました(<参考資料>参照)。さらに、こうしたアンケート調査を基準としてIDCが実施した拡大推計によると、国内のIoT担当者の総数は約174万8,000人と見込まれます。IoT担当者のうち自身の業務の5割以上をIoTに充てる「IoT担当者(主)」の総数も46万8,000人に達するものとIDCでは推計しています。加えてIoT担当者が所属する企業では、IoT活用の専門組織が存在するケースが3分の2を占めます。 新規事業の創出や全社的なデジタル変革といった、より広範なDXの一環としてIoT活用を進める企業が多く見られています。IoTを推進する企業の課題として「IoT活用を主導する人材の不足」が最多となっており、次いで「組織間連携の不足」が多くなっています。また「予算準備が不十分」や「収益性が見通せない」といった課題も目立ちます。

IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの鳥巣 悠太 は「所属企業のIoTに対する取り組み度合いに関わらず、IoT担当者は人材不足を懸念する傾向が強い。ただし、取り組みフェーズが進むにつれ、人材以外の課題はめまぐるしく変化していく。ベンダーはそうした課題の移り変わりを敏感に察知し、企業に対するアプローチ方法を最適化していく必要がある」と述べています。


レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ44502818

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  2. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  3. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  4. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  5. 自動化もデータ連携も、求められれば“いろんなことができる”Excelと Access。万能系の呼び声…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  2. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  3. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  4. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  5. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  7. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  8. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  9. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  10. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る