国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場予測-IDC

IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場の2018年~2022年の予測を発表。

・国内IoTセキュリティ製品市場は、2017年の市場規模は前年比20.5%増の624億円
・2017年~2022年の年間平均成長率は14.4%
・2022年には1,221億円と2017年の2倍に拡大

IDCでは、IoT を「IP接続による通信を、人の介在なしにローカルまたはグローバルに行うことができる識別可能なエッジデバイスからなるネットワークであり、法人/政府/個人といったさまざまなユーザーが利用するユビキタスなネットワーク環境に対して、管理/監視/分析といった多様な付加価値を提供するものである」と定義している。

国内IoTセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2016年~2022年

Source: IDC Japan, 12/2018

IoTセキュリティ製品市場とは、IoT環境へのセキュリティ製品市場で、デバイス/センサーセキュリティとネットワーク/エッジセキュリティ、セキュリティアナリティクス/イネーブルインフラストラクチャ、IoT物理セキュリティ/セーフティの4つの機能セグメントに分類したものであり、それぞれに市場規模算出/市場予測を行う。

国内IoTセキュリティ製品市場は、2017年の市場規模は前年比20.5%増の624億円となり、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は14.4%で、2022年には1,221億円と2017年の2倍ほどに拡大するとIDCでは予測している。

 

4つの機能セグメントの中で最も構成比が高いIoT物理セキュリティ/セーフティ市場は、監視システム、温度センサー、侵入検知デバイスなどの特定の物理的および環境的保護制御を監視および維持するように設計されたさまざまなソリューションや、公共安全および制御システムを監視およびサポートするように設計された交通管制システムなどスマートシティへのセキュリティソリューションが含まれている。第4次産業革命によるスマートシティの構築が進むことから、同市場の2017年~2022年のCAGRが13.5%で、市場規模は2017年の437億円から、2022年には825億円になると予測している。

また、省スペースの低消費電力デバイスで動作するように設計されたマルウェア対策製品を含むデバイス/センサーセキュリティ市場は、IoTセキュリティの中で重要な要素であり、ITセキュリティと同様に導入が進むとみており、2017年~2022年のCAGRが17.0%と、4つの機能セグメントでは最も高く、市場規模は2017年の84億円から2022年には183億円に拡大すると予測する。

そして、IoTデバイスおよび産業用制御システム環境の関連インフラストラクチャのネットワークセグメンテーションやモニタリングを行う製品を含むネットワーク/エッジセキュリティ市場は、第4次産業革命によるスマート工場の構築が進むことから、工場内の監視システム(SCADA:Supervisory Control and Data Acquisition)や分散制御システム(DCS:Distributed Control System)、PLC(Programmable Logic Controller)などの産業用制御システム(ICS:Industrial Control Systems)に対する可視化へのニーズが高まり、2017年~2022年のCAGRが16.4%で、市場規模は2017年の45億円から2022年には96億円に拡大すると予測している。

2017年5月に世界的規模で猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」では、PCだけでなく医療機器や、自動車工場などの産業システムにも感染した。また2018年に入り、日本全国でインターネットに接続された監視カメラがハッキングされる事件や、インターネットに接続するルーターへの不正アクセス事件が相次いで発生。IoTデバイスが急速に増加している中、IoTデバイスのセキュリティ被害が顕在化することで、セキュリティ脅威への危機感が高まり、IoTデバイスへのセキュリティ対策が促進されるとIDCではみている。

企業では、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって、ITばかりでなくOT(Operational Technology)に対するセキュリティ対策も求められている。また、IoTデバイスでのセキュリティ被害も顕在化しており、重要インフラ分野の業種では、2020年の東京オリンピック/パラリンピックでのサイバー攻撃に備え、OTへのセキュリティ対策も差し迫る。

セキュリティ製品サプライヤーは、ユーザー企業にOTに対するセキュリティリスクを認識させ、OTへのセキュリティ製品の導入を促進させるべきであり、そのためには、OT向けのセキュリティリスクアセスメントサービスの展開や、POC(Proof of Concept)の実施などによって、セキュリティリスクの認識度を向上させることが必要であると、るとIDCは考えている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ44480918

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

  2. 【情シス基礎知識】最近よく聞く、CSIRTってなに?

  3. 会議の効率化から働き方改革をサポートする「ThinkSmart Hub 700」-レノボ

  4. 2018年度セキュリティ意識調査-カスペルスキーレポート

  5. 【情シス基礎知識】CISOって何する人?

  6. ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査-矢野経済研究所

  7. 【Backlog World 2019レポート①】Backlogと「プロマネ×働き方改革」

  8. 2018年「法人」を狙うセキュリティ三大脅威にみる今後の対策

  9. いまさら聞けない【情シス基礎知識】BitLockerとTPMとは

  10. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(インフラ編)-ノークリサーチ調査

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  2. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  3. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  4. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  5. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  6. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
ページ上部へ戻る