国内サーバー市場動向(2018年第3四半期)-IDC

IDC Japanは、2018年第3四半期(7月~9月)の国内サーバー市場動向を発表。2018年第3四半期の国内サーバー市場全体の売上額は1,378億円で、前年同期から14.5%増加。出荷台数も14万6千台と、前年同期から8.7%増加した。

・2018年第3四半期の国内サーバー市場全体の売上額は1,378億円と前年同期から14.5%の増加
・2四半期連続で、売上額が前年同期比で2桁のプラス成長に
・出荷台数も14万6千台と、前年同期から8.7%増加

2018年第3四半期の国内サーバー市場は、2四半期連続で、売上額が前年同期比で2桁のプラス成長となった。製品別ではx86サーバー(注1)とその他のサーバー(注2)が、前年同期比2桁のプラス成長に。x86サーバーは、2四半期連続、その他のサーバーは4四半期連続で前年同期比2桁のプラス成長となった。一方、メインフレームは、4四半期連続で前年同期比2桁のマイナス成長となった。

x86サーバーは、売上額が前年同期比26.8%増の1,171億円でした。ネット企業、通信、官公庁向けの大口案件やクラウドサービスベンダー向けの大口案件、官公庁、文教におけるテクニカル・コンピューティング用途の大口案件などが貢献し、2桁のプラス成長となっている。出荷台数は、前年同期比8.9%増の14万4,250台。

その他のサーバーは、売上額が前年同期比17.5%増の112億円に。通信向けビジネスサーバーの大型案件や、金融、製造向けRISCサーバー/IA64サーバーの大型案件などが貢献し、2桁のプラス成長となった。出荷台数は、1.9%減の1,220台。

メインフレームは、売上額が前年同期比48.5%減の95億円。前年同期にあった金融、製造向けの大型案件の反動で、2桁のマイナス成長となった。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの下河邊 雅行氏は「2018年第2四半期に引き続き、x86サーバーが国内サーバー市場を牽引した。クラウドサービスベンダー向けに加えて、ネット企業、通信、官公庁向けなど、クラウドサービスベンダー以外への出荷も増加し、国内サーバー市場全体の売上額の2四半期連続、前年同期比2桁プラス成長に貢献した。また、前四半期同様、x86サーバーの平均単価が前年同期比で上昇したことも、国内サーバー市場成長の要因になっている。x86サーバーの平均単価上昇は、搭載するプロセッサーのコア数上昇、これに伴うメモリや内蔵ストレージの容量増加が背景にある」と述べている。

 

2018年第3四半期 国内サーバー市場カンパ二―シェア【売上額】

※端数処理[四捨五入]の影響により合計値の末尾が一致しません。
Source: IDC Quarterly Server Tracker, 2018Q3. Share by Company

カンパニー別売上額では、富士通が首位を維持。メインフレームは、前年同期比で2桁のマイナス成長でしたが、x86サーバーは、文教向けテクニカル・コンピューティングの大口案件、通信、官公庁向けの大口案件などがあり、2桁のプラス成長、その他のサーバーは、横ばいとなった。

2位は、NEC。その他のサーバーは、官公庁向けの大型案件などで、3桁のプラス成長であった。メインフレームは、2桁のマイナス成長、x86サーバーも、マイナス成長に。

3位は、日本ヒューレット・パッカード(HPE)。その他のサーバーは、2桁のマイナス成長だったが、x86サーバーは、通信やサービス業向けの大口案件などがありプラス成長に。

4位は、デル(Dell Inc.)。ネット企業や通信向けの大口案件などがあり、2桁のプラス成長となった。

5位は前四半期より順位を一つ上げた日立。メインフレームは、金融向けの大型案件があり3桁のプラス成長、その他のサーバーは、2桁のプラス成長、x86サーバーもプラス成長。なお、ODM Directの売上額は前年同期比、23.6%のプラス成長となり、3位のHPEに次ぐ規模であった。

出荷台数においては、富士通が首位を維持、HPEが順位を一つ上げ2位となった。3位以下は、NEC、デル、Huaweiの順に。尚、ODM Directの出荷台数は前年同期比、6.9%のプラス成長となり、3位のNECに次ぐ規模となっている。

 

注1: 「x86サーバー」は、x86アーキテクチャのプロセッサーを採用しWindows、Linuxなどオープン系のOSを搭載したサーバーです。Itaniumプロセッサーを搭載したサーバーやベンダー独自OSを搭載したサーバーはx86サーバーに含めません。また、「x86サーバー」と「メインフレーム」以外のサーバーを「その他のサーバー」として記載しています。

注2: 「その他のサーバー」は、「RISCサーバー」、「IA64サーバー」、「ビジネスサーバー」、「スーパーコンピュータ-」の総称として使用しています。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ44586118

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  4. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  5. 経営陣から変化を求められる情シス。企業経営にITが欠かせなくなったビジネスの潮流を考えればさもありな…
  1. PCNW「聞かせて!働き方改革・テレワークの実現度」10/17 ITトレンド勉強会@東京(第1回)

  2. 【情シスサミット2019】講演資料[1-4]”情シス一斉調査2019”から見える情シスの現状

  3. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」Vol.2:「脱Excel」に役立つWEBデータベースたち(前編)

  4. 情報システム部門の悩みを解決する「みんなの情シス」-ワタベウェディング

  5. いまさら聞けない【情シス基礎知識】プライバシー保護の基礎、OECD8原則とは

  6. 【情シス基礎知識】自社HPのGDPR対応で押さえておくべき5つのポイント

  7. 【第二回】情シス一斉調査2019 ~あなたの回答が明日の情シスを変える!?~

  8. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」Vol.1:脱Excelの為のデータベース活用法

  9. 【情シス解体新書:Vol.1】情報システムという存在

  10. 「ゼロトラスト」への動きと働き方改革の関係

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  2. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  3. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  4. Windowsに無料でついてくるセキュリティソフト「Windows Defender」。わざわざセキ…
  5. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  6. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
ページ上部へ戻る