国内働き方改革動向の調査結果-IDC

IDC Japanは、国内働き方改革動向調査の結果を発表。IDCでは、従業員数100人以上の企業で働く経営層、IT部門の従業員、および工場や販売といった現場以外の部門に勤務する従業員(オフィスワーカー)に対して定量調査(Webアンケート)を実施。
この定量調査によると、働き方改革の実施率は全体平均で75.3%と、昨年から16.3ポイントも伸長している。特に、中堅企業では昨年から20.2ポイントと大きな伸びを見せ65.2%に達した。
産業別では、昨年までは金融がトップを走っていたが、製造が84.2%でトップに躍り出ている。
2位は中央官庁/地方自治体の79.3%、続いてサービス 75.5%、金融 74.2%となっている。

政府による働き方改革の始動から3年が経過し、企業規模による差はあるものの、産業を問わず改革が進んでいることが見て取れる結果に。

働き方改革の目的は、「残業時間の短縮」「労働生産性の向上」「ワークライフバランスの向上」がトップ3となっており、これは過去の調査と大差ない。政府による改革の内容も残業時間の累積時間に制限を設ける、有給休暇の取得を義務付けるといったことが法案化されたこともあり、企業における施策も、特に大企業ではこれらに関係するところに取り掛かったということは想像に難くない。

ICTの導入状況については、30以上のアプリケーションやソフトウェア、デバイスについて調査した結果、全体で導入率が60%を超えたのは、「スケジュール管理」「Web/ビデオ会議」「社内ポータル」「勤怠管理」であった。
全項目について、大企業と中堅企業の導入率の差が大きく、15~20ポイントの開きが見られた。

産業分野別では、製造業における業務系機能のデジタル化が目立っており、続いて導入が進んでいるのは金融やサービスという状況。また、昨今話題のRPA(Robotic Process Automation)の導入率は、全体では26.0%、金融では特に導入が目立っており41.7%に達している。RPAについては銀行、証券、保険などで多くの事例が発表されていますが、他の産業に先行して導入が進行していることを裏付ける結果となった。

働き方改革を推進するために注目しているテクノロジーについては、「AI/コグニティブ」が特に注目度が高いことが分かった。このテクノロジーについては、企業規模による格差が大きく、大企業では注目している企業が半数(49.7%)に達している。
産業別では、金融、流通、サービスにおける注目度が高めとなっている。その他の注目されているテクノロジーは、「IoT」が22.8%、「モバイルベースのソリューションや機能」が21.9%となった。

働き方改革のために注目しているテクノロジー

Notes: 回答者は働き方改革に取り組む企業の経営層(複数回答)
Source: IDC Japan, 12/2019

IDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューション グループマネージャーの市川和子氏によれば「国内企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)熱が高まる中、IDCではDXの成功と継続にはFuture of Work(働き方の未来、以下『FoW』)という考え方を企業に導入すべきと考えている。これは、企業文化や働く場の変革、人材の獲得/維持/教育、従業員のエンゲージメントや社内外のコラボレーション、働き方の効率化などを包含したフレームワークであり、国内企業は早々に『働き方改革』からFoWへ移行すべきである」とコメントしている。

 

今回の発表はIDCが発行した2019 年 国内働き方改革動向 産業分野別および企業規模別分析:現状と未来展望 にその詳細が報告されている。今回の定量調査では、働き方改革の実施状況、改革の目的、改革の阻害要因、IDCが主にオフィスにおける働き方改革に貢献すると判断したICTツールの利用状況、今後の投資予定について1,000社から回答を得たものである。各質問について、産業別、企業規模別(従業員数1,000人以上を大企業、100~999人を中堅企業)に分析し、また、調査項目によって経営者もしくはIT部門の方の回答に絞って紹介。さらに、ユーザー企業の事例調査(ケーススタディ)を紹介すると伴に、定量調査と定性調査結果の分析を基に、働き方改革が今後目指すべき方向性についても論じている。


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ45704119

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る