国内外付型エンタープライズストレージ市場(2019年第4四半期及び2019年通年)-IDC

IDC Japanは、2019年第4四半期(10月~12月)と2019年通年(1月~12月)の国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額(Value)実績を発表。2019年第4四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は513億6,700万円、前年同期比9.0%増でした。2019年通年では2,080億5,900万円で前年比10.8%増となった。

2019年第4四半期の外付型エンタープライズストレージシステム支出額のセグメント別内訳を見ると、メインフレーム向けが86億4,200万円で前年同期比188.4%増、オープンシステム向けが427億2,500万円で同3.1%減となっている。
前年の落ち込みが大きかったメインフレーム向けは、2四半期連続で倍以上の伸びとなりとなりました。一方、オープンシステム向けは、前期に続きマイナス成長となった。

この結果、2019年通年での外付型エンタープライズストレージシステム支出額のセグメント別内訳は、メインフレーム向けが250億4,700万円で前年比56.5%増、オープンシステム向けが1,830億1,200万円で同6.5%増という結果に。
メインフレーム向けでは、更新需要の端境期であった前年の反動に加え、オールフラッシュアレイの新製品が牽引。
オープンシステム向けは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)のアプライアンス製品が好調であったことに加え、クラウドサービスプロバイダー向け需要が寄与した。
クラス別では、好調なハイエンドやミッドレンジに対し、エントリーはクラウドへのシフトによって2桁のマイナス成長となった。

2019年の国内外付型エンタープライズストレージシステムでは、前年に続きHDDからフラッシュへと搭載メディアの移行が進んだ。同年の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額の中で、オールフラッシュアレイ(AFA)は549億8,100万円で前年比26.8%増となった。この結果、2019年の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額に占めるAFAの割合は26.4%となっている。

2019年通年での国内外付型エンタープライズストレージシステム売上額(Vendor Revenue)は1,972億1,500万円で、ベンダー別売上額の上位5社は日立製作所(シェア18.7%)、富士通(15.4%)、デルテクノロジーズ(14.8%)、NetApp(9.0%)、IBM(8.0%)だった。日立製作所が単独1位となり、第4四半期もメインフレーム向けが好調だったIBMが5位を獲得している。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ シニアマーケットアナリストの加藤 慎也氏は「2019年は、変化の大きい1年となった。2013年以来となる2桁のプラス成長には、上半期はオープンシステム向け、下半期はメインフレーム向けが寄与した。しかし、オープンシステム向けを牽引するクラウドサービスプロバイダー向けの需要も、大きく落ち込んだ前年の反動で増加したメインフレーム向けも、2020年には落ち着くとみている。一方、国内資本大手3社の合計シェアは調査開始以来最も低く、ユーザーが個々のビジネスに即したハイブリッドクラウドによる最適化を進めることで、オールフラッシュアレイやハイパーコンバージドインフラを梃子に市場シェアが大きく変動する可能性もある。このような変化の中でストレージベンダーは、顧客における自社のポジションを理解し、取り扱い製品の強化や提供方法の柔軟性の確保、従来と異なる販路の開拓など、変化の中でも収益を得ていくための取り組みが求められる」と分析している。

※外付型エンタープライズストレージシステム市場規模の算出には、ベンダー売上額(Vendor Revenue)にマージンを加算した支出額(Value)を使用しています。

 

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2013年~2019年

Source: IDC Japan, 4/2020


本レポートは、IDC Japan様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46189920

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る