【情シス×ストレッチ】肩こり対策ストレッチ「肩ラクレッチ①」~第1回~

ストレッチ専門店「Dr.ストレッチ」が情報システム部門で頑張る皆様にお届けする「情シス×ストレッチ」。
長時間のデスクワークによるコリや疲れをデスクワークの合間にできちゃう♪おススメ!ストレッチで無理なく解消しましょう。

この「情シス×ストレッチ」、デスクに縛られがちな情シスの環境を意識し、100種類にも及ぶ「Dr.ストレッチ」のストレッチメニューから厳選。
効果が高く、且つ、その場でできるストレッチをピックアップしています。

ひとつひとつのストレッチはほんの数分で実践できるものですので、日常にうまく取り入れてトラブルフリーなカラダを目指しましょう。

それでは、レッスン開始です!

 

肩こり対策「肩ラクレッチ1」

情シスの方々が日々のPC作業で酷使している肩周り。
常に前傾姿勢で頭の重みも重なることで、肩周りはさらに疲れの溜まりやすい過酷な状況へと陥ります。
肩周りのコリが原因で脳への血流を滞らせ、業務能率を下げてしまう可能性も!?
そこで、肩周りの筋肉をほぐし、頭をスッキリさせる”情シス×ストレッチ”をご紹介します。

 

方法)
1.右腕を前に伸ばし、左腕をその右腕にかけ、肘を曲がらないように注意しながら、ゆっくりと胸の方に引き寄せます。

!チェックポイント!
ポイント1:伸ばしている腕が下がりすぎないように(肩が上がらないように)
ポイント2:肘が曲がらないように
ポイント3:背中がまるまらないように

2.呼吸をしながら二の腕・肩周りが伸びていることを感じましょう。
3.姿勢に気をつけて、15秒間キープします。
4.腕を戻し、反対側も行います。

 

1回15秒。左右1セット×2回行いましょう。

ストレッチは日々の習慣にすると効果的です。
ぜひ、デスクワークの合間や休憩時間に取り入れてみてください。

 


モデル:野月 愛莉(Dr.ストレッチ錦糸町店 トレーナー)
監修(文・技術):中村 竜太(Dr.ストレッチテクニカルトレーナー、MGAメディカルグローアップアカデミー講師)
楽曲:月下舞踏(Sparrow Tune)


Dr.ストレッチ(https://doctorstretch.com/

“カラダ”メンテナンスを行う、国内外に120店舗以上を展開するストレッチ専門店。
筋肉を緩める独特なテクニックとして各分野のプロに認められ、100種類のストレッチからカラダの悩みに合わせて行う。
ご予約はこちら

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る