【情シス×ストレッチ】肩こり対策ストレッチ「肩ラクレッチ①」~第1回~

ストレッチ専門店「Dr.ストレッチ」が情報システム部門で頑張る皆様にお届けする「情シス×ストレッチ」。
長時間のデスクワークによるコリや疲れをデスクワークの合間にできちゃう♪おススメ!ストレッチで無理なく解消しましょう。

この「情シス×ストレッチ」、デスクに縛られがちな情シスの環境を意識し、100種類にも及ぶ「Dr.ストレッチ」のストレッチメニューから厳選。
効果が高く、且つ、その場でできるストレッチをピックアップしています。

ひとつひとつのストレッチはほんの数分で実践できるものですので、日常にうまく取り入れてトラブルフリーなカラダを目指しましょう。

それでは、レッスン開始です!

 

肩こり対策「肩ラクレッチ1」

情シスの方々が日々のPC作業で酷使している肩周り。
常に前傾姿勢で頭の重みも重なることで、肩周りはさらに疲れの溜まりやすい過酷な状況へと陥ります。
肩周りのコリが原因で脳への血流を滞らせ、業務能率を下げてしまう可能性も!?
そこで、肩周りの筋肉をほぐし、頭をスッキリさせる”情シス×ストレッチ”をご紹介します。

 

方法)
1.右腕を前に伸ばし、左腕をその右腕にかけ、肘を曲がらないように注意しながら、ゆっくりと胸の方に引き寄せます。

!チェックポイント!
ポイント1:伸ばしている腕が下がりすぎないように(肩が上がらないように)
ポイント2:肘が曲がらないように
ポイント3:背中がまるまらないように

2.呼吸をしながら二の腕・肩周りが伸びていることを感じましょう。
3.姿勢に気をつけて、15秒間キープします。
4.腕を戻し、反対側も行います。

 

1回15秒。左右1セット×2回行いましょう。

ストレッチは日々の習慣にすると効果的です。
ぜひ、デスクワークの合間や休憩時間に取り入れてみてください。

 


モデル:野月 愛莉(Dr.ストレッチ錦糸町店 トレーナー)
監修(文・技術):中村 竜太(Dr.ストレッチテクニカルトレーナー、MGAメディカルグローアップアカデミー講師)
楽曲:月下舞踏(Sparrow Tune)


Dr.ストレッチ(https://doctorstretch.com/

“カラダ”メンテナンスを行う、国内外に120店舗以上を展開するストレッチ専門店。
筋肉を緩める独特なテクニックとして各分野のプロに認められ、100種類のストレッチからカラダの悩みに合わせて行う。
ご予約はこちら

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. シリーズ【SSL可視化とセキュリティ】1)可視化が求められる背景

  2. ”アフターコロナ”の世界を情シス的に考える

  3. SOFTCREATE:テレワーク導入検討の専門チャンネル「テレワーク チャンネル」開設

  4. 新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを無償開放-IPA

  5. レポート「おれたちは愛されコーポレートITになる」CORPORATE ENGINEER NIGHT#2

  6. 今から始めるテレワーク!#4 業務アプリの選定方法

  7. こんな時だからこそ、テレワークを安全に!-セキュリティブログ

  8. DX推進に向けたアジャイル開発版の「情報システム・モデル取引・契約書」-IPA

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#8:DXされると『ひとり情シス』の未来は明るくなるのか?

  10. 今から始めるテレワーク!#3 テレワークでおさえておくべきセキュリティとは

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  4. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  5. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
ページ上部へ戻る