【情シス女子】第40回 「情シスが働きやすい環境があります。だからこそ、最大限結果を残したい。」大和田さん/中村さん/石戸さん

2018/07/02


今回は、「最新のテクノロジーを活用して不動産流通を革新する世界No.1企業」を掲げ、ITを企業活動の中核に据える株式会社ランドネットの“情シス女子”に注目! 頼れる先輩の大和田さん、新人の中村さんと石戸さんに、仕事のことやプライベートなこと、将来の目標など、本社に併設されているモデルハウスをお借りし、リラックスできる環境で、たっぷりと伺いました!

(取材・文:坂本 嶺、撮影:加藤パンダ、ヘアメイク:Nepenji 坂爪 宏成)


<プロフィール> 大和田美好さん
情報システム部システム課所属。結婚、出産を経て入社。10年のキャリアを持つ。情シス女子になったのは、小さいころからの数学好きがきっかけ。アプリ開発では“美しいコード”をめざし、休日は『ドラマW』を楽しむ1児の母。

 

<プロフィール> 中村友香さん
情報システム部システム課所属。入社4ヶ月の期待の若手。小さいころからタイピング好き。高校は情報処理、大学は情報系学部に学び、前職はソフトウェア会社で開発担当と、生粋の情シス女子。休日の楽しみは、YouTubeで“ゲーム実況”鑑賞を、ゆったりと。

 

<プロフィール> 石戸怜奈さん
情報システム部システム課所属。入社3週間の期待の若手。ゲーム好きが高じてパソコンに興味を持ち、大学では情報学部に学ぶ。前職は非ITだったこともあり、念願が叶い情シス女子へ。やる気は十分。インフラの運用を猛勉強中。


先輩・後輩で語らう情シス女子のひととき

 

−−大和田さんは、10年のキャリアだと伺いました。

【大和田さん】気がつけば、あっという間ですね。でも、この10年を振り返ってみると、事業規模が大きくなり、社員が増え部署ごとの組織基盤も整うなど、会社にさまざまな変化がありました。私が所属している情報システム部システム課も、社長と二人から始まり、今はとても人数が増えました。

 

−−そして、新たに期待の情シス女子2名が加わった。

【中村さん&石戸さん】(笑)。

【大和田さん】そうなんです。実は、女性が増えたのは最近のこと。私は不動産にかかわる、売買や賃貸管理などの業務に必要なアプリ開発、中村はシステム開発、石戸はシステム運用が担当とみな業務は異なりますが、うれしく思います。

 

−−中村さんは入社4ヶ月、石戸さんは入社3週間と聞きました。情シス女子をめざしたきっかけを教えてください。

【中村さん】私は、小さいころからタイピングが好きだったことです。打鍵の感じが、子ども心にとてもおもしろくて。あと、パソコンを扱えるって、単純にカッコいいなと。それがきっかけで、高校では情報処理、大学では情報学を学びました。前職はソフトウェア会社なのですが、そこでシステム開発に携わるうちに、コーディングの楽しさも知りました。開発は“ものづくり”だと感じていて、書いたコードが正しく動作に反映されると達成感を覚えます。なので、めざしたというよりも、自分の好きな分野を自然に求めて行った結果“今”がある、というのが実感ですね。

【石戸さん】私も似ています。ゲーム好きが高じて、小さいころからパソコンなどの機器に興味がありました。そこから、自然と情報学を学びたいと考えるように。大学も知識をより深められるという観点で学校を選びました。ただ、前職は大学時代の知識やスキルを生かせる業種ではなかったので、今は期待でいっぱいです。まだ入社3週間ということもあり、覚えなければいけないことはたくさんありますが・・・、毎日やりがいを持って取り組んでいます。

 

経営陣と距離が近く、やりがいを持って働ける環境がある

−−業務環境について、ランドネットならではと感じる特徴を教えてください。

【大和田さん】不動産業界では珍しいと言われるみたいなのですが、全社的にITに明るいことですね。会社の指針として、今風に例えると「不動産×TECH」とでも言いましょうか、これを目標に掲げ、率先してシステムによるイノベーションを進めています。そして、何より榮社長の趣味はITなのではないかと思うほど精通されていらっしゃることもあり、「“トライ&エラー”でよいから、まずはやって見せてくれ」とおっしゃって頂けるので、新しいことに取り組みやすい企業風土があります。経営陣と情報システム部の距離がとても近いことで、私たちとしても、積極的に提案をしようというアクティブな気持ちで業務に携わることができます。しかしながら、そんな社長ですので、逆に社長からご提案いただくことも多々あります。

最近の企業では少ないかもしれませんが、月に1度、情報システム部のみんなが集まる飲み会を会社として開催しているのは特徴でしょうか。たとえば私、中村と石戸のようにフロアが違っても情報システム部メンバーが交流できる良い機会になっています。

働きやすく、かつ一人ひとりが “自ら行動する”という意識を持てるのが特徴だと思いますね。

−−情シスが率先して働けるよい環境が整っているのですね。ちなみに・・・、これまでの業務でたいへんだったことはありますか?

【大和田さん】入社2年目のことでしたが、不動産売買にかかわる入金・着金の仕組みを効率化するシステムの開発を担当しました。これには、とても、とても苦労させられました(笑)。入金・出金にはさまざまなパターンがあるので、仕様書とにらめっこしながら一つひとつ・・・。当時は、まだ経験も浅くて、なぜこうなるの?と聞かれても十分に答えられませんでした。すべての内容を理解するのに膨大な時間がかかったのを今でも覚えています。

【中村さん】仕様の理解は、私も今、頑張っているところです。システムの修正がメインの業務なのですが、まだ把握できていない部分も多くあって。仕様書を見たり、先輩に教えてもらったり。修正と確認を繰り返しながら、業務にあたっています。

 

明日は今日より良く&頼ってもらえる存在をめざす

−−中村さんはそういえば、少し変わった趣味をお持ちだとか?

【中村さん】いや、全然変わってないですよ(笑)。

【大和田さん&石戸さん】笑。

【中村さん】趣味と言えるかどうかはわかりませんが・・・、YouTubeで「ゲーム実況」をよく鑑賞しています。私も石戸さんと同じくゲームが好き。でも。ゲーム自体はできないんですね。それで、視聴者として、実況者がゲームをしているのを楽しんでいます。いろいろ観ますが、ストーリーがあって、抑揚のあるものが好きです。

 

−−ランドネットの情シス女子として、中村さん、石戸さんともに大切にしていることや今後の目標はありますか?

【中村さん】前職でも心がけていたことなのですが、「今よりも」ということですね。どうすれば“よりよい仕事”ができるかを常に意識しています。ミスへの対策もそうだし、こうすれば効率がよくなるも、そう。「場面場面で学んだ気づきを次に生かす」ことを大切にしています。目標としては、大きな目標ですが「マニュアルがなくても、誰もが使えるシステム」の開発です。実現できたらよいな、と。でも・・・、必ず開発します!

【石戸さん】ありきたりかもしれませんが、企業の大切な情報を扱う部署なので、“かもしれない”など、曖昧な言葉を使わないよう心がけています。わからないことはできる限り調べ、理解しはっきりと対応していくことですね。目標は・・・、入社して間もないので恐縮ですが、「頼ってもらえる存在」になることです。目の前の事柄だけじゃなく、その背景をいろいろな視点で見つめ、物事の本質を察して対応できる。そんな情シスをめざしていきます。

 

−−最後に、先輩として、大和田さんから2人にエールをお願いします。

【大和田さん】責任重大ですね(笑)。でも・・・、私の経験から、やりたいこと、必要だと思ったことをしっかり提案できる。そして、一人ひとりの頑張りを必ず上司が見てくれている。そういった環境があるので、ぜひそれぞれの目標に最大限チャレンジしていってもらいたいです。あとは、視野を広く持ちアクティブに行動することも大切にしてほしい。必要なものを探す力、そこから得た知識を自分のものにする力。情報システム部門として活動していくにあたり、時には大きな課題にぶつかると思います。でも、その能力を身につけて置くことで、難しいことにもしっかりと取り組んでいけると、私は考えています。

 

<編集後記>
ランドネットの情報システムをしっかりとサポートしてきた大和田さん。そして、一人前の情シス女子をめざし、知識とスキルを磨く中村さんと石戸さん。三人のお話を聞いて感じたことは、みんな「仕事に前向き」であること。入社間もない中村さんと石戸さんともに、すでに自分の目標を明確にしていました。「システム課の仕事のやりやすさ」という企業環境もあり、自ら目標を立て進む。それがランドネットの情シス女子なのです。

 


株式会社ランドネット
https://landnet.co.jp/

■事業内容:
不動産投資事業
投資用中古マンションの売買・売買仲介・賃貸・賃貸仲介・賃貸管理
不動産コンサルティング
不動産投資セミナーの開催
不動産投資関連の書籍出版
不動産賃貸事業 リノベーション事業・リフォーム事業
■本社:東京都豊島区南池袋1-13-23 池袋YSビル6F
■設立:1999年9月
■従業員数:347名(2018年4月末現在)
■売上高:約170億円(2017年7月・連結)


 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  2. 「攻めの情シス」が求められるとともに、昨今専任CIOの存在感が高まりを見せています。一方、日本におい…
  3. 『多くの人々の「笑顔」のために「感動」を届ける。』を企業理念に、人材・IT・サービスの3軸で…
  4. 2018/07/09 ITコンサルティング事業を主力とするハイブリィド株式…
  5. 2018/06/20 情シスの現場では「管理会計」というキーワードは、果たしてどのくらい浸透し…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典73「IPoE」

  2. 【ET & IoT Technology 2018】序章・ETもIoTも情シスは知っておくべき!?

  3. APIでつながる、新しいクラウドサービス(SaaS)の形

  4. 【情シス×ストレッチ】~第4回~腰痛対策ストレッチ「腰レッチ①」

  5. PCNW【第一回ITトレンド勉強会】RPAに情シスはどう関わるべき?

  6. 【情シス基礎知識】Win10導入、覚えておくべき10の掟

  7. 【情シス基礎知識】知らなかったじゃ済まない「NIST SP800-171」とは?

  8. 【情シス女子】第44回「人と人を紡ぐ『笑顔』をこれからも大切にしていきたい」岡田真由さん

  9. ひとり情シスの功罪

  10. いまさら聞けない【情シス基礎知識】VPNってなに?

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る