KDDI、SIMカードを活用したIoT機器用セキュリティ技術開発 世界初の実証に成功

  • 2016/10/24
  • KDDI、SIMカードを活用したIoT機器用セキュリティ技術開発 世界初の実証に成功 はコメントを受け付けていません。
2016/10/24

開発したのは高いセキュリティ耐性を持ち、遠隔から保守が可能なSIMの中に、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを組み込み、IoT機器への共通鍵や公開鍵証明書を簡単で安全に発行する技術。KDDI総合研究所が開発した。

新技術によるIoT機器の通信イメージ

新技術によるIoT機器の通信イメージ

共通鍵は第三者にデータを読み取られないように、暗号化をするために用いる値。公開鍵証明書は公開鍵と秘密鍵と呼ばれるペア鍵で構成され、片方の鍵で暗号化された情報が、もう片方の鍵でしか復号できない特徴を持つ暗号技術。新技術での公開鍵証明書は、通信会社によって署名されたプライベートな公開鍵証明書になる。

一方、KDDIでは無線通信経由でIoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを、遠隔操作で設定・解除する実証実験に成功。これによってIoT機器向けの認証、暗号通信、電子署名とこれらを支えるための暗号鍵の遠隔保守が可能なるとしている。また、SIMを活用したIoT機器の通信向け暗号鍵管理技術の開発と遠隔保守の実証は世界初という。

SIMとIoT機器との間で共通鍵を共有する仕組み

SIMとIoT機器との間で共通鍵を共有する仕組み

KDDIでは、監視カメラや災害観測などのインフラを支える機器がネットワークにつながるケースで、新技術を利用することで通信の安全確保と遠隔保守での使用を見込んでいるほか、家電製品のリモートアップデートやスマートフォン(スマホ)を利用し家の鍵を解錠などの利用を想定している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. シリーズ【SSL可視化とセキュリティ】1)可視化が求められる背景

  2. ”アフターコロナ”の世界を情シス的に考える

  3. SOFTCREATE:テレワーク導入検討の専門チャンネル「テレワーク チャンネル」開設

  4. 新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを無償開放-IPA

  5. レポート「おれたちは愛されコーポレートITになる」CORPORATE ENGINEER NIGHT#2

  6. 今から始めるテレワーク!#4 業務アプリの選定方法

  7. こんな時だからこそ、テレワークを安全に!-セキュリティブログ

  8. DX推進に向けたアジャイル開発版の「情報システム・モデル取引・契約書」-IPA

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#8:DXされると『ひとり情シス』の未来は明るくなるのか?

  10. 今から始めるテレワーク!#3 テレワークでおさえておくべきセキュリティとは

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  4. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  5. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
ページ上部へ戻る