KDDI、SIMカードを活用したIoT機器用セキュリティ技術開発 世界初の実証に成功

  • 2016/10/24
  • KDDI、SIMカードを活用したIoT機器用セキュリティ技術開発 世界初の実証に成功 はコメントを受け付けていません
2016/10/24

開発したのは高いセキュリティ耐性を持ち、遠隔から保守が可能なSIMの中に、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを組み込み、IoT機器への共通鍵や公開鍵証明書を簡単で安全に発行する技術。KDDI総合研究所が開発した。

新技術によるIoT機器の通信イメージ

新技術によるIoT機器の通信イメージ

共通鍵は第三者にデータを読み取られないように、暗号化をするために用いる値。公開鍵証明書は公開鍵と秘密鍵と呼ばれるペア鍵で構成され、片方の鍵で暗号化された情報が、もう片方の鍵でしか復号できない特徴を持つ暗号技術。新技術での公開鍵証明書は、通信会社によって署名されたプライベートな公開鍵証明書になる。

一方、KDDIでは無線通信経由でIoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを、遠隔操作で設定・解除する実証実験に成功。これによってIoT機器向けの認証、暗号通信、電子署名とこれらを支えるための暗号鍵の遠隔保守が可能なるとしている。また、SIMを活用したIoT機器の通信向け暗号鍵管理技術の開発と遠隔保守の実証は世界初という。

SIMとIoT機器との間で共通鍵を共有する仕組み

SIMとIoT機器との間で共通鍵を共有する仕組み

KDDIでは、監視カメラや災害観測などのインフラを支える機器がネットワークにつながるケースで、新技術を利用することで通信の安全確保と遠隔保守での使用を見込んでいるほか、家電製品のリモートアップデートやスマートフォン(スマホ)を利用し家の鍵を解錠などの利用を想定している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る