格安SIMサービス「mineo」 55万契約を目指す新事業戦略と新サービス発表

2016/08/31

ケイ・オプティコムは、MVNO(仮想移動体通信事業者)通信サービス「mineo(マイネオ)」の今後の事業戦略と9月から順次開始する大型キャンペーンを紹介する発表会を開催した。会見では上田晃穂・モバイル事業戦略グループ グループマネージャーが説明を行った。

上田グループマネージャーは、今後のmineoのグランドデザインとして、「まっすぐ」、「イケてる」、「ネットぢから」、「おもしろい」、「うれしい!たのしい!大好き!」の5つのカテゴリーを目指すべき姿とし、ブランド理念に掲げる「Fun with Fans!」を独自価値として事業の中核に据えていくと話した。

 

上田晃穂・ケイ・オプティコム経営本部モバイル事業戦略グループ グループマネージャー

上田晃穂・ケイ・オプティコム経営本部モバイル事業戦略グループ グループマネージャー

市場については、MM総研のMVNO市場予測調査を元に、自らサービスを確認して加入する「高リテラシー」と呼ぶ層によって支えられてきたマーケットは今後、特別な知識を持たない一般層の拡大が見込まれ、2019年末には一般層と高リテラシー層が半々となり2000万回線に達すると説明。

こうした市場動向を背景に、2015年9月にドコモ回線に対応しマルチキャリア化したmineoの加入者数はこれまで順調に増加しており、2016年8月現在で36万回線を突破したと話し、さらなる成長のためには、「マイネ王」が貢献すると語った。

マイネ王は、サービス対象機種や申し込み方法、サポート情報などのほか、余ったパケットをユーザー同士が交換可能な機能もあるユーザーコミュニティーサービス。直近ではmineoユーザーの約4割が会員登録しているという。

また、マイネ王を登録していない「非会員ユーザー」、登録しているがアクティブではない「通常ユーザー」、情報発信などを積極的に行う「コアユーザー」では、コアユーザーに向かうほど、解約率が低く紹介人数が多くなる傾向にあることから、マイネ王活性化が解約防止と新規ユーザー獲得に貢献すると、上田グループマネージャーは予測。今後は、新サービスでブランド価値やカスタマーサービスの品質向上を図りながら、ユーザーの満足度とサービス評価のアップにつなげていくと抱負を述べた。

プレミアムコースは有料トライアル化、9月に名古屋で新店舗オープン

会見では9月にリリースを行う大型サービスの説明も行った。

まず、これまで抽選で一部のユーザーにトライアルで行っていた「プレミアムコース」を有料化し「プレミアムコース有料トライアル」として実施することを発表した。

「プレミアムコース」は、通常とは別の専用帯域を設け、特に回線混雑で通信速度が停滞する昼帯の快適な通信環境の提供を意識したサービス。2016年7月に実施したトライアルでは、200名の募集に対し5400名の応募があった。

有料トライアルでは2016年9月1日~9月13日まで利用者を募集し、10月1日から11月30日まで、ドコモとauプランユーザー各100名に提供する。価格は、アンケートで6割が「月額500~1000円が妥当」と回答したユーザーの意見を受け、月額料金に800円という追加料金設定にした。

また、一般層の獲得のための端末・店舗戦略として、さまざまなサービスを用意する。端末では、au版のiPhone5S、5Cに対応したほか、9月1日からは新端末「arrows M03」「HUAWEI P9lite」、「Zenfone Go」を販売する。

mineoが9月から販売する新端末

mineoが9月から販売する新端末

端末補償サービスも充実させる。12月からは、mineoのSIMカードで通信を行った端末を「持ち込み端末」として、持ち込み端を対象とした「持ち込み端末安心保証サービス(仮称)も予定しているという。

店舗も増やす。「mineoショップ名古屋」を9月5日、「mineo 渋谷」を2017年2月にオープンさせる。、また、この2店のほか、フラッグショップである大阪店、全国にあるサポート店155店舗のうち90店舗、ヨドバシカメラ内6店舗で合計100以上の店舗を、今年中にはSIMや端末の即日渡しを可能にして、一般層に対し、充実したサービス提供環境を充実させる。

このほか、au・ドコモのiPhoneユーザーの新規契約を意識した「データ通信料6か月0円キャンペーン」を実施する。

既存ユーザーには抽選で月額基本料金が3か月0円になり、プレゼントとしてパケットがもらえる「30万回線突破!いつもありがとうキャンペーン」を行う。こちらは応募条件として「マイネ王」にeoIDを連携した状態で、マイネ王のキャンペーン記事にコメントを投稿する必要がある。

また、この条件を満たした既存ユーザーには9月1日~10月31日まで、1か月に1回、合計2回の「マイネオおみくじ」を引くことができる。おみくじはハズレなしで、大吉で3GB、小吉で1GBのパケット容量がプレゼントされる。

会場には「マイネオおみくじ」を紹介する巫女さんも登場

会場には「マイネオおみくじ」を紹介する巫女さんも登場

ケイ・オプティコムでは、こうした戦略で、mineoについて「2016年末までに、55万回線の達成を目標に事業を進めていきたい」(上田グループマネージャー)としている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 国内LPWAの普及を阻む3つの要因

  2. Backlog World 2019開催(2019年1月26日)~プロジェクトマネジメント×働き方改革~

  3. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(業務システム編)-ノークリサーチ調査

  4. 使える! 情シス三段用語辞典75「インターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)」

  5. 法人組織におけるセキュリティ実態調査【2018年版】

  6. 生産性向上の切り札なのか!? RPA導入のポイント

  7. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  8. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  9. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  10. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  4. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  5. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  6. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
ページ上部へ戻る