国内タブレット端末出荷概況(2019年)-MM総研

MM総研は、2019年暦年(2019年1月~12月)の国内タブレット端末出荷台数(※1)の調査結果を発表。総出荷台数は前年比9.2%減の739万台となり、暦年出荷として2年連続で減少に。

<サマリー>
・2019年タブレット端末出荷台数は739万台(前年比9.2%減)
・Appleがシェア53.2%で10年連続1位
・携帯キャリアの戦略転換によりセルラーAndroidタブレットが2018年に続いて大幅減
・2020年V字回復のポイントは5G対応タブレットの登場とプログラミング教育による需要拡大

携帯電話キャリアの3G/LTEネットワーク通信可能な「セルラータブレット」が2018年に引き続いて大幅減となったことが大きな要因に。特にNTTドコモのAndroidタブレットが減少した。
一方、無線LAN通信のみを可能とする「Wi-Fiタブレット」は2年連続の増加となった。

※1:「セルラータブレット(キャリアモデル及びSIMロックフリータブレット、以下SIMフリータブレット)」「Wi-Fiタブレット」を含む

メーカー別台数はAppleが10年連続シェア1位

2019年のメーカー別出荷台数シェアは Appleが53.2%で1位。日本でタブレット端末が登場した2010年から10年連続で1位を維持した。2019年3月には4年半ぶりにiPad Air、3年半ぶりにiPad miniが発売されるなど、新モデルが順調に出荷された。
以下、2位 Huawe、3位 NECレノボ、4位 富士通、5位 Microsoftの順となった。富士通には富士通クライアントコンピューティング株式会社および富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社による出荷端末を含んでいる。

2020年V字回復のポイントは5G対応タブレットの登場とプログラミング教育による需要拡大

2019年は2018年に引き続き携帯キャリアによるAndroidタブレットの減少によって、市場全体が縮小した。
2020年の変化点としてが、5G対応端末の登場があげられるが、しかしながら、キャリアによる5G対応製品の販売戦略として、最初はスマートフォンが中心になると予測される為、5G対応iPadなどが登場すれば、減少傾向のセルラータブレットがプラスに転じる可能性もあるかもしれない。
一方で、Wi-Fiタブレットは相対的に存在感が高まっている。特に小学校でのプログラミング教育必修化に伴う需要拡大が期待される。


本レポートは、MM総研様のプレスリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=395

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. 一人情シスの強い味方? 法律相談プラットホームサービス「AIリーガル コモン」【PR】

  2. 情報セキュリティ10大脅威 2020-IPA

  3. いまさら聞けない【情シス知識】INTERNETの仕組み

  4. 2019年度情報セキュリティに対する意識調査-IPA

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#7:Excelでヤラない4つの使い方

  6. 今から始めるテレワーク!#1 まず何をする?

  7. IT人のあこがれ!? ITS健康保険とは

  8. 使える! 情シス三段用語辞典101「ローコード開発」

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#6:定期的な集計を爆速にする方法

  10. 今だからあえて聞いてみる「そもそも情シスって何?」

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  3. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  4. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  5. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
ページ上部へ戻る