2017年度 国内PCサーバー出荷概況ーMM総研

2018/07/31

MM総研は、2017年度(2017年4月~2018年3月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。国内PCサーバーの出荷台数は、前年度比2.7%減の43万3,777台となった。半期別に見ると、上半期は前年同期比2.4%減の19万8,314台。下半期は同2.9%減の23万5,463台となった。出荷台数は仮想化によるサーバー集約の動きやクラウド利用の拡大により減少傾向にあるものの、サーバーOSのサポート終了に伴うリプレイス需要が徐々に発生し、減少幅は小さくなった。

 

■出荷台数は前年度比2.7%減の43万3,777台と4年連続の減少
■出荷金額は回復、3.5%増の2,542億円
■18年度は出荷台数が横ばいの43万1,000台、金額は7%増の2,720億円の見通し

 

出荷金額は前年度比3.5%増の2,542億円となり、回復した。出荷単価は58万6,000円と前年度から3.5万円の上昇となった。AIやビックデータ等での利用、セキュリティ対策を含めてのサーバー活用も広まっており性能要求も高まっているため、単価の上昇傾向が続く。

 


出典:「MM総研」

 

2018年度の出荷台数は横ばいの43万1,000台、出荷金額は7%増の2,720億円を見込む。出荷台数は、サービスプロバイダーのパブリッククラウドと自社資産のプライベートクラウドを接続して利用するハイブリッドクラウドの利用が増加している。インフラ基盤の運用は複雑になっており、ソフトウェアによる自働化、自律化のニーズが顕在化している。また、ハイパーコンバージドインフラと呼ばれる、サーバー上で仮想ストレージを構築し、その仮想サーバーを一元管理する機能など高単価化を後押しするソリューションも注目を浴びており、出荷金額は堅調に推移すると見られる。

2018年度以降、PC同様WindowsサーバーOSのサポート終了に伴うリプレイス需要が徐々に発生するとみている。また、技術革新によりサーバーの需要が増加する一方で、これまで企業が自社サーバーを用いて行っていた機能をクラウドサービスが担うケースも増加している。Amazonやマイクロソフトのパブリッククラウドと自社のプライベートクラウドを接続して使い分けるハイブリッドクラウドのニーズは今後ますます増加するものとみられる。サーバーを提供するメーカー各社はハイパーコンバージド用途のようなソフトウェアとのセット提案に加えて、ハイブリッド環境での運用管理を自働化、自律化する提案もますます重要になるだろう。

 


本レポートは、MM総研様のニュースリリースの内容を元に作成しております。
ソース:https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=311

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. くらめその情シス“技”:ユーザー管理(Active Directory) from Developers.IO

  2. 【情シス基礎知識】最近よく聞く、CSIRTってなに?

  3. 会議の効率化から働き方改革をサポートする「ThinkSmart Hub 700」-レノボ

  4. 2018年度セキュリティ意識調査-カスペルスキーレポート

  5. 【情シス基礎知識】CISOって何する人?

  6. ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査-矢野経済研究所

  7. 【Backlog World 2019レポート①】Backlogと「プロマネ×働き方改革」

  8. 2018年「法人」を狙うセキュリティ三大脅威にみる今後の対策

  9. いまさら聞けない【情シス基礎知識】BitLockerとTPMとは

  10. 2019年 中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイント(インフラ編)-ノークリサーチ調査

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  2. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  3. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  4. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  5. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  6. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
ページ上部へ戻る