パロアルトネットワークス、パブリッククラウドセキュリティに必要なクラウドインフラサービスプロテクション「Evident」

3日、パロアルトネットワークスは、パブリッククラウドにおける包括的セキュリティとコンプライアンスの確保を実現するクラウドインフラサービスプロテクション「Evident」を日本市場にて提供開始する。

 

Evidentは、パブリッククラウドの保護に必要な「継続的な可視化と監視」、「コンプライアンスの認定」、「クラウドストレージの保護」という3つの要素を備えたクラウドインフラサービスプロテクションであり、3月にパロアルトネットワークスが買収した、クラウドインフラストラクチャセキュリティのパイオニアかつリーダー企業であるEvident.io社のソリューションを元に開発されている。

Evidentの主な機能としては、クラウドインフラストラクチャの監視、検査、および評価を自動化し、すべてのクラウドアカウント、サービスおよび領域におけるセキュリティリスクを可視化。セキュリティリスクは機械学習により、危険度のレベル別に集計する。

 

また、Evidentのダッシュボード上では、サービスや地域ごとだけではなく、契約しているパブリッククラウド別や、すべてのパブリッククラウドを統合してリスクを確認することを可能としている。

・Evidentのダッシュボード

 

更にEvidentは、コンプライアンスの監査を自動的に行い、カスタマイズ可能なコンプライアンスレポートを1クリックで作成でき、現在CIS foundations、GDPR、HIPAA、ISO、NIST、PCI、SOC2に対応している。

また、パブリッククラウドのストレージは、脅威が侵入しても見逃されることがあり、内部拡散に繋がるリスクを抱えるが、Evidentではクラウドストレージに対して、コンテナやバケット内のデータの検出と分類、リスクにさらされている領域の評価、公開されているデータの自動修復、マルウェアの隔離を行うことが可能としている。

対応環境としては、アマゾン ウェブ サービス(AWS) とMicrosoft Azureに対応しており、サブスクリプションサービスとして、パートナー経由で提供される。

 

詳細情報:https://www.paloaltonetworks.jp/company/in-the-news/2018/evident-in-jp

 

【執筆:編集Gp 原田 健司】

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. 一人情シスの強い味方? 法律相談プラットホームサービス「AIリーガル コモン」【PR】

  2. 情報セキュリティ10大脅威 2020-IPA

  3. いまさら聞けない【情シス知識】INTERNETの仕組み

  4. 2019年度情報セキュリティに対する意識調査-IPA

  5. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#7:Excelでヤラない4つの使い方

  6. 今から始めるテレワーク!#1 まず何をする?

  7. IT人のあこがれ!? ITS健康保険とは

  8. 使える! 情シス三段用語辞典101「ローコード開発」

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#6:定期的な集計を爆速にする方法

  10. 今だからあえて聞いてみる「そもそも情シスって何?」

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  3. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  4. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
  5. オラクル(Oracle)による無償サポート終了で今やホットなキーワードである「Java」。自分のPC…
ページ上部へ戻る