PCサーバー:2016年度上期の出荷台数は9.5%減の約21万台に-ノークリサーチ調査

2017/01/05

同社によると台数の減少については、上期はPCサーバー市場を押し上げる目立った要因が少なかったことと、大型案件も少なかったことが背景にあると分析。そのため全体では減少になったとしている。

国内PCサーバー市場の推移(出荷台数)

国内PCサーバー市場の推移(出荷台数)

また、クラウドへの移行や仮想化、集約化の潮流が明確化し、PCサーバーの設置台数の減少が続いているなか、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などで、新たなPCサーバー需要の期待が高まっているが、市場へ具体的な実績には結びついていないとしている。

一方、出荷金額は前年同期比で93.5%の1407億円だった。仮想化、集約化でHDD(ハードディスク)、SSDやメモリを多く搭載したサーバーが増え、平均単価が高くなる傾向が続いているため、台数に比べ落ち込みは低かったとしている。

サーバーの形状別では、タワーサーバーは7万4650台で前年同期比92.5%、ラックサーバーが12万9745台で、同94.6%といずれも減少。ブレードサーバーは8500台、前年同期比で48.8%と大幅減となった。

PCサーバー形状別構成比(出荷台数)

PCサーバー形状別構成比(出荷台数)

メーカー別のシェアは、1位がNECで25.2%、2位が富士通で24.5%、3位が日本HP(ヒューレット・パッカード)で18%、4位がデルで11.1%、5位が日立製作所で6.5%、6位がレノボ(日本IBM)で4.5%だった。

2016年度の見通しについては、出荷台数は44万5995台と、前年度に引き続き減少傾向が続くと予測。背景にはPCサーバーの仮想化、集約化の動きが続いていることがあると分析している。そのため、2016年度下期は上期より減少幅は緩やかになるが、減少自体は変わらないとしている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  3. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  1. ”アフターコロナ”の世界を情シス的に考える

  2. PCNW:PCのセキュリティ対策、万全ですか?~他社から学ぶ具体策~

  3. SOFTCREATE:テレワーク導入検討の専門チャンネル「テレワーク チャンネル」開設

  4. 新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを無償開放-IPA

  5. レポート「おれたちは愛されコーポレートITになる」CORPORATE ENGINEER NIGHT#2

  6. 今から始めるテレワーク!#4 業務アプリの選定方法

  7. こんな時だからこそ、テレワークを安全に!-セキュリティブログ

  8. DX推進に向けたアジャイル開発版の「情報システム・モデル取引・契約書」-IPA

  9. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#8:DXされると『ひとり情シス』の未来は明るくなるのか?

  10. 今から始めるテレワーク!#3 テレワークでおさえておくべきセキュリティとは

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. もはや当たり前になりすぎていて、「いまさら聞けない」ことを解説する本シリーズ。今回は、今の生活に欠か…
  2. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
  3. 個人情報の取り扱いには要注意。国内では個人情報保護法、欧州ではGDPRと個人情報を取り巻く情勢は大き…
  4. あなたの会社のホームページ(HP)はGDPRの対応がお済ですか? なんとなく気になっていてもアクショ…
  5. Windows 7サポート終了でWindows 10に切り替わるこの時期、アプリケーションや端末利用…
ページ上部へ戻る