富士通:超軽量モバイルノートPC「LIFEBOOK U937/U」など法人向け2017春モデルを発表

2017/01/20

重さ700g台の超軽量モバイルノートPC「LIFEBOOK U937/U」

注目は「FUJITSU Notebook LIFEBOOK」シリーズで、約799g(標準モデル)で厚さ約15.5mmの超軽量モバイルノートPC「LIFEBOOK U937/P」。バッテリーパックの樹脂部材を極限まで削ぎ落としこれまでより約20%の軽量化を行ったほか、金属ベースプレートや液晶ディスプレイなど極限まで最小・薄型化させたことによって超軽量化を実現した。

LIFEBOOK U937/P

LIFEBOOK U937/P

持ち運び時に落としたときなどの衝撃による耐久性も確保。76cmの落下試験や車に乗せたときの連続振動試験、満員電車を想定した加圧による試験など、さまざまな耐久試験も行って確保した。バッテリーは一日中持ち運べるように17時間駆動する大容量のタイプを採用した。

CPUは最新の第7世代インテル Core プロフェッサー・ファミリーを採用。Core i5-6300U、Core i3-6100U、Celeron 3955Uのいずれかを搭載する。ストレージは標準が128GBのSSDで、256GBと512GBに変更可能。メモリは4GBで12GBまで増設可能。OSはWindows 10 Pro 64ビット版。

液晶ディスプレイはフルHD(1920×1080)の13.3型ワイドを搭載。手のひらによる静脈センサーか指紋センサーをいずれかを標準搭載可能で、パスワードを入力するといった面倒な作業が不要。ピクトブラックとサテンレッドの2色展開で希望小売価格は税別28万4900円から。

タブレット利用可能なコンバーチブルPC「LIFEBOOK P727/P」 360度回転も可能

「LIVEBOOK U727/P」は画面を360度回転させることにより様々な利用シーンに応じて使用することができるフォルダー型コンバーチブルPC。アナログRGB、DisplayPort、有線LAN、USB3.1(Type-C)を標準搭載しており、タッチパネル搭載モデルが選択できる。

LIVEBOOK U727/P

LIVEBOOK U727/P

CPUは第7世代のインテル Core プロフェッサー・ファミリーを採用。Core i5-7300UとCore i3-7100Uのいずれかを搭載。ストレージは128、256、512GBのSSD。メモリは標準で4GB。最大32GBまで増設が可能OSはWindows 10 Pro 64ビット版。12.5型ワイドサイズの液晶ディスプレイを採用しており、HD(1366×768)とフルHD(1920×1080)のどちらかを選ぶことができる。

フルバージョンWindows 10搭載の6型タブレット「ARROWS Tab V567/P」

「ARROWS Tab V567/P」はフルバージョンWindows 10を搭載した「FUJITSU Tablet ARROWS Tab」の法人向けの新型タブレット。

ARROWS Tab V567/P

ARROWS Tab V567/P

CPUはインテル Atom x5-Z8550、メモリは4GBで、ストレージは64GB。セキュリティを考慮し指紋センサーも標準搭載する。液晶ディスプレイはフルHD(1080×1920)の6.0型ワイドサイズ。希望価格は税別15万1800円から。片手で持てるよう幅85.4mm、重さ約280gのコンパクトサイズに仕上げた。

病院や倉庫、学校などで使用されることを想定しており、現在病院内で看護師が回診時に利用する端末として実証実験を行っている。幅広いシーンで利用できるように堅牢性はもちろん、防水・防塵、耐薬品機能なども備えた。消毒用アルコールでの拭き取りも可能。

法人向けデスクトップ「ESPRIMO」

法人向けデスクトップ「ESPRIMO」

ワークステーション「CELSIUS」

ワークステーション「CELSIUS」

そのほか法人向けデスクトップ「ESPRIMO」で第7世代のインテル Core プロセッサー・ファミリー」を搭載した機種を追加し。ワークステーション「CELSIUS」では、4機種すべてで「Windows 10 Anniversary Update」に対応したモデル「Rシリーズ」「Mシリーズ」「Cシリーズ」「Hシリーズ」をそろえ、ラインナップを強化した。

齋藤邦彰・富士通クライアントコンピューティング社長

齋藤邦彰・富士通クライアントコンピューティング社長

発表会で齋藤邦彰・富士通クライアントコンピューティング社長は「場所や時間にとらわれない柔軟な働き方が求められる時代になり、安心心して仕事を行える環境の実現を提供していくことが重要」と述べた。その上で自社のPCについて「自分たちにしかできない価値を探求し、お客様の役に立っていく」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  2. 経済の新たな原動力として注目されるAPI。業務システムとしてクラウド(SaaS)を利用することが一般…
  3. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  4. PCNW(PC・ネットワークの管理・活用を考える会)が、東京会場における今期最初の勉強会「第一回クラ…
  5. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  1. 使える! 情シス三段用語辞典78「reCAPTCHA」

  2. 【情シス基礎知識】最近よく聞く、CSIRTってなに?

  3. PCNW「社内コミュニケーションの変遷と実情」第二回ITトレンド勉強会@東京(2/21)

  4. 会議の効率化から働き方改革をサポートする「ThinkSmart Hub 700」-レノボ

  5. 【日本ものづくりワールド2019レポート】ものづくりAI/IoT展

  6. 使える! 情シス三段用語辞典77「SoR(モード1)/SoE(モード2)」

  7. 2018年度セキュリティ意識調査-カスペルスキーレポート

  8. 【情シス基礎知識】CISOって何する人?

  9. ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査-矢野経済研究所

  10. 【Backlog World 2019レポート①】Backlogと「プロマネ×働き方改革」

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 欧州でのGDPR(一般データ保護規則)の施行や企業情報を狙ったサイバー犯罪の流行の中、情シスは顧客情…
  2. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  3. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  4. ついにスタートした「GDPR」。世界から注目を集めるEUの個人データ保護規制です。EUに所在する人の…
  5. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  6. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
ページ上部へ戻る