Pepperが顧客を覚えて好みのコーヒーを提供 ソフトバンクが「ロボカフェ」の実験を都内で開始

  • 2017/7/20
  • Pepperが顧客を覚えて好みのコーヒーを提供 ソフトバンクが「ロボカフェ」の実験を都内で開始 はコメントを受け付けていません
2017/07/20

ソフトバンクは、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」が、店舗に来店した客の好みのコーヒーを提供する「ロボカフェ」の実験を東京都内にある銀座、表参道、六本木の直営店で始めた。顧客サービスの一環でソフトバンクのファンづくりにつなげるのが狙い。8月2日まで実施する。

「ロボカフェ」は、Pepperとサーバーを通信で連動させて顧客にコーヒーを提供する

「ロボカフェ」は、Pepperとサーバーを通信で連動させて顧客にコーヒーを提供する

ロボカフェは、店舗に来店した客がPepperの胸にあるタッチパネルで好みのコーヒーや濃さを選び、頭をなでると連動するネスレ製のコーヒーサーバーからコーヒーが提供される仕組み。コーヒーを抽出する間にはPepperのタッチパネルに店舗からの情報や広告が表示される。ソフトバンクでは実験に先立ち、ソフトバンク銀座(東京・中央)で、ロボカフェのデモをメディアに公開した。

メディアに公開された「ロボカフェ」のデモの様子

メディアに公開された「ロボカフェ」のデモの様子

タッチパネルでコーヒーの飲み方や濃さ、量などを選ぶことができる

タッチパネルでコーヒーの飲み方や濃さ、量などを選ぶことができる

その後、好みのコーヒーを抽出して提供する

その後、好みのコーヒーを抽出して提供する

ロボカフェではサービスを利用時に画面に表示される「お友達登録」を行うとPepperが利用者の顔と、コーヒーの好みを記憶。再来店した時にサービスを利用すると、前回と同じ好みのコーヒーを提供する。利用者の好みはクラウドで情報を登録するため、別の店舗のロボカフェでも、同じ好みのコーヒーを受け取ることができる。ソフトバンクでは実験で利用者のニーズを確かめ、評判がよければ、ほかの店舗にも展開するとしている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「身内であっても全員疑え!」そんな手厳しい考え方が主流になろうとしています。 10年以上前に提唱さ…
  2. テレワーク(在宅勤務)はコロナ禍以前にも東京オリンピック2020の混雑緩和を目的に「テレワークデイズ…
  3. 常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に…
  1. 「セキュリティの未来は雲の中に」SASEはDXの切り札か(前編)

  2. シリーズ『IDaaSの教科書』4)認証強化の種類とその仕組み

  3. テレワークとIT業務委託のセキュリティ実態調査-IPA

  4. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #2 どうやって守り、その手法は?

  5. ”ウィズコロナ”時代の情シス業務

  6. 【情報セキュリティ10大脅威 2021】ニューノーマルな働き方を狙った攻撃がランクイン-IPA

  7. 「ゼロから学ぶ」セキュリティ脅威(基礎編) #1 セキュリティは何を守るのか

  8. いまさら聞けない【情シス知識】暗号化ファイルのメール添付はなぜ危険!?

  9. シリーズ『IDaaSの教科書』3)徹底解説!SSOの仕組みを理解する

  10. 松田軽太の「一人情シスのすゝめ」#16:RPAやローコード開発を導入検討中の方は要注意

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連サービス

Banner_Josyscareer

Banner_ITMS

Banner_ITMSD

おすすめ記事

  1. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く技術の底が深いセキュリティについて「実は把握できていな…
  2. 多忙な日常業務を送る情シスの皆さん。範囲が広く、そして技術の底も深いセキュリティについて「実は把握で…
  3. WordファイルやExcelファイルなどの編集が終わったら、パスワード付きでZIP圧縮。メールにZI…
  4. Webサービスの利用が増える中、新しいセキュリティ技術「Webアイソレーション」が注目されています。…
  5. 働き方改革の盛り上がりもあり、近年、耳にする機会が増えた「テレワーク」と「リモートワーク」。これに対…
ページ上部へ戻る