Windows10時代のPC調達術~「ライフサイクル」を意識して賢くPCを使う~3

2017/07/18

PCの「ライフサイクル」を意識したPCの導入について解説する「Windows10時代のPC調達術」。今回からはPCを実際に調達する方法について2回にわたって解説していきます。まず前編ではPCを「買う」という導入方法について考えます。(構成・文:三好裕紀<Yu-Factory>)

あまりおすすめできない、家電量販店での業務用PC購入

みなさんの会社では、どこで業務用のPCを買っていますか?

小規模な企業では、家電量販店の店頭で購入しているという会社もあると思います。大型の家電量販店では、確かに、PCの種類も豊富で値段も比較的安価に売られています。また、在庫があればすぐ持って帰ることができるのも魅力でしょう。

しかし、業務用のPCを家電量販店で購入するのは、あまりおすすめできる方法ではありません。これには3つの理由があります。

第一は、「購入できる機種(モデル)が業務用には適していない」という点です。

家電量販店で売られているのは、基本的には家庭用(個人用)の機種です。そのため、インストールされているOS(基本ソフト)は、基本的には個人用のWindowsの「HOME」版になります。業務用に最適な「PRO」版をインストールしたPCが売られている店はごく一部です。

また、家庭用PCは業務では不要なソフトや機能が搭載されているため、それが業務でPCを使う上で支障をきたす原因になることもあります。

第二に「保証とサポートが十分ではない」という点です。家庭用PCの保証はメーカー保証(一般的に1年間)のみです。最近は量販店独自の延長保証もありますが、基本的には家庭での使用を念頭においているため、業務用PCの保証やサポートに十分とはいえません。

第三は「支払い方法」です。家電量販店での購入は、基本的に現金か、カード払いのみです。請求書払い(掛け売り)はできません。もし社員が買うとなると、仮払いや立て替えなどが必要になり、経理上あまり好ましくない支払い方法になります。

業務用PCを調達する3つのルート

では、どのような方法で業務用PCを購入すればよいのでしょうか?

主な購入方法は3つあります。1つは「家電量販店の法人営業窓口」、もう1つは「OA機器ディーラー」、最後は「メーカー直販(ネット販売)」です。ただし、それぞれにメリット・デメリットがあります。この点を考慮して自社のニーズやスタイルに合った購入方法を選ぶとよいでしょう。具体的に解説していきます。

請求書払いもできる家電量販の法人窓口、手厚いサポートが魅力のOA機器ディーラー

まずは、家電量販店の法人営業窓口です。

意外と知られていませんが、家電量販店では法人営業窓口を用意している店舗が増えています。ここであれば、WindowsのPRO版をインストールした業務用モデルを購入することもできます。また、請求書支払い(掛け売り)も可能です。

次に複合機などを扱うOA機器のディーラーです。

OA機器ディーラーは、中堅・中小企業にとって身近な存在ですが「コピー屋さん」という意識が強くて、PCを購入するルートと認識している企業は多くありません。

実は、OA機器ディーラーは、近年のペーパレース化の動きを背景に、IT系のサービスにかなり力を入れています。PCの販売をはじめ、ネットワークやサーバーなどのハードウエアやクラウド、ITサポートなどのサービスを充実させている会社は少なくありません。

このような会社ではIT専任のセールスエンジニアがたくさんいるため、サポートが手厚く、PCなどにあまり詳しくない社内のIT担当者が気軽に相談できるのがメリットです。

PCメーカーもOA機器ディーラー経由の販売ルートをかなり重視して力を入れており、導入するPCの台数などによっては、ディーラー経由で買うと割引などで家電量販店やメーカー直販も安く購入できるケースもあるのです。また、期末・年度末は特別価格で販売することもあります。

一方、デメリットとしては、家電量販手もOA機器ディーラーも発注から導入までの期間が長くなる点が挙げられます。もし、この2つの購入方法を考えるのであれば、まずは家電量販店ならば実際の窓口で、OA機器ディーラーであれば取引のある会社の担当営業に相談するのがよいでしょう。

ITに詳しい担当者がいれば使いやすいメーカー直販

PCメーカーがWebで販売するインターネット直販は、オンラインで簡単に購入できるのが最大のメリットです。社内にPCやITに精通した担当者がいれば、見積もりも発注もすぐにできます。また、法人登録をしておけば掛け払いも可能です。

一方で、PCメーカーの直販は、これまで購入や保守などのサポート面でサービスが十分ではないというイメージがありました。しかし、最近では中堅・中小規模の企業への販売にも力を入れていることもあり、さまざまなサービスを提供しています。

具体的には、購入では導入前の相談やコンサルティングがあります。また、PCの出荷工場でユーザーに必要な業務アプリケーションのインストールや資産ラベル貼りなどを行う「キッティング」もある程度の台数を購入すれば行ってくれます。保守面では一定の費用を払えばオンサイト(出張)修理も提供。そのため、うまく活用すれば、社内担当者の業務負担を減らすことも可能になります。

デメリットとしては、購入前・後のサポートやサービスの提供がメーカーによってバラツキがあることです。そのため、メーカー直販での購入を検討する場合は、どのようなサポートサービスがあるかをよく調べる必要があります。

ライフサイクルを意識すれば「リユース(中古)PC」という選択肢も

ここまでは新品購入の話をしてきましたが、ライフサイクルをしっかり見据えた上であれば、「リユース(中古)」のPC購入も選択肢として考えられます。

リユースPCは、新品と比べ価格がリーズナブルなことをはじめ、短期的の用途や一時的に台数が必要というニーズに応えることができるのが利点です。

ほかにも、例えば、OSがWindows7でWindows10に対応していない社内の業務システムのPCが古くなり、入れ替える必要がある場合、業務システムが使えるWindows7のリユースPCを導入し、その後、新しいPCに入れ替えるというような使い方もできます。

この時に注意したいのが、リユースPCの「品質」です。しっかり整備されていないリユースPCは、リカバリーができなかったり、正規ライセンスではないWindowsがインストールされていたりすることがあります。

そのリスクを回避するための1つの方法が、「MAR(Microsoft Authorized Refurbisher)プログラム」が適用されたPCの購入です。

MARは、マイクロソフトがリユースPCの適切な整備を行っている事業者を認定するプログラムです。このプログラムに参加する事業者が販売するリユースPCは、マイクロソフトが規定する基準を満たしているという証明になり、安心して使うことができます。

プログラムが適用されているPCは、PCの製造メーカーと再生PC事業者の2枚の認証ラベルが貼られており、このラベルで確認ができます。


今回はPC導入で「購入」という調達方法を紹介しました。一方、調達にはもう1つ、リース、レンタルといった「借りる」という方法もあります。そこで、後編では「PCを借りる」という調達法を解説します。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情シスは、目まぐるしく移りゆくITトレンドと果たしてどう向き合うべきか? 毎回その道に造詣の…
  2. 不朽の名作と名高いRPGの開発をはじめ、数々の有名IPのソーシャルゲーム開発を手がけてきたオルトプラ…
  3. 政府は11月をテレワーク月間と定め、時間と場所を選ばない働き方を推進しています。中には完全リモートワ…
  4. 「攻めの情シス」が求められるとともに、昨今専任CIOの存在感が高まりを見せています。一方、日本におい…
  5. 自動化もデータ連携も、求められれば“いろんなことができる”Excelと Access。万能系の呼び声…
  1. Vol:08「IoT なう!!〜日本と海外の事例集〜」

  2. 【情シス×ストレッチ】~第8回~疲れ目対策ストレッチ「Eyeレッチ②」

  3. PCNW「個人/クライアント認証の最新潮流~Windows10に搭載された新時代の認証基盤~」第一回ITトレンド勉強会開催@大阪(12/20)

  4. 【DOCOMO Open House 2018レポート】後編:5Gだけじゃない、未来はすぐそこに

  5. 【DOCOMO Open House 2018レポート】前編:5G×テックで社会が、ビジネスが、生活が変わる

  6. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!企業向けフィッシング詐欺

  7. 迫るアップデート終了、備えは大丈夫か!? Java有償化問題

  8. 【セキュリティ基礎知識】気をつけよう!ビジネスメール詐欺

  9. 【情シスの赤本】メール誤送信と取るべき対策

  10. 【情シス豆知識】愛される情シス・嫌われる情シス

関連サイト

情シス採用 人材紹介サービス

情シスの戦略・企画人材育成

情シス向け業務支援ツール

おすすめ記事

  1. 最近では、働き方改革の旗振りのもと、多くの企業が在宅勤務やサテライトオフィスを導入するようになり、リ…
  2. 2000年にリリースされたWindows 2000 Server で初めて登場したActive Di…
  3. 業務にもようやく慣れてきた。そうなると気になるのが業務の効率化。作業をもっと素早く、ラクにできないも…
  4. 「IOT(コネクテッド・インダストリーズ)税制」の受付が今年6月よりスタートしました。コネクテッド・…
  5. だいぶ普及した感のある公衆無線LAN。外国人観光者はもとより、パケット代に敏感な中高生だけでなく、ビ…
  6. 2018/06/27 あと1年半まで迫ったWindows 7のサポート終了。しっかりとしたPC…
ページ上部へ戻る